竹かごや 市川商店

岡山県がま 花筒(飲み物入れ)

鳥取県と裾野を分ける岡山県蒜山(ひるぜん)地方には、
今からおよそ600年以上前から伝わる「がま細工」があります。

漢字で「蒲(がま)」と書くこの植物は、実はとても身近な植物で、
北海道から九州地方まで分布しています。
蒲鉾(かまぼこ)や蒲焼(かばやき)という言葉も
がまの穂の形が特徴的(大きなソーセージのような形)であり、
その形状にそれぞれが似ていたため、その名がついたそうです。

そんながまの仲間でも蒜山がま細工は「ヒメガマ」という種類を使用し、
暮らしで使う様々な道具を現在でも作っています。


ヒメガマは軽量で油分を含んでいるので、防水、保湿性にも優れており、
600年以上前の南北朝時代に兵糧(ひょうろう)を運ぶ背負いかごを作ったのが起源と言われています。
その後、蒜山地方が豪雪地帯であったことから、雪ぐつなどが作られてきました。

主な材料にヒメガマを使用し、そのヒメガマを編むためにシナノキという
木の皮の繊維を使って編み上げています。
シナノキの木の皮のことを産地の皆さんは「ヤマカゲ」と呼んでいます。
このヤマカゲは川につけて、発酵させてから、木の年輪にそって薄くはがしていくそうです。
発酵させるため、乾燥させるまで「ヤマカゲはにおいがきっついのよ〜」と笑いながら、
話してくださる作り手の皆さんがとても楽しそうなのが印象的です。

その中でも、こちらはがま細工の中では小さいかご、花筒(はなづつ)です。
元々は背負いかごや雪ぐつと共に花入れとして作られていました。
しかし、現代においては、ちょうど水筒や500mlペットボトルを入れるのに
ちょうどよく、両方の用途で使われています。


デザイン自体は背負いかごや手提げと変わらない作りで、シンプルかつ素朴。
すっきりとした編み目と適度な油分から放つ光沢と艶やかさについ見とれてしまいます。


素材が比較的柔らかいため、衣類を傷つけにくいのも、
現代で使うにはうれしいところです。
サイズは小さくても、底はきっちりと編まれている上、
内側と外側で二重編みをしていますから、
ある程度重いものを入れても、十分に耐えうる作りになっています。


小さめの280mlや350mlペットボトルでしたら、すっぽりと入ります。
500mlのペットボトルですと、5センチほど頭が出るような形になります。

お花でしたら、かごは自立するため、置いて使うのもいいですし、
壁にかけて季節の花等を入れてみるのも楽しそうです。
邪魔をしないデザインが花を引き立ててくれそうですね。



サイズ/重量
約直径10cmx高さ16(取手付き高さ30)cm/80g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

天然素材のがまを使用しているため、一部黒ずみなどがある場合がございます。
ご理解いただき、ご購入いただけると幸いです。


お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 3,000円(税込3,240円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
上へ