竹かごや 市川商店

山形県しな織 てんご(手提げ)

日本海に面する山形県や新潟県は以前は出羽や越後という地名で呼ばれていました。
また、その山形県と新潟県を含む秋田県から越前福井あたりまでを
羽越地方とも呼んでいます。

文化の境は県の境という行政区画を越えて、
食文化や手仕事の文化として地域の人々の中に脈々と受け継がれています。

山形県と新潟県の県境のエリアでは「しな織(おり)」と呼ばれる
シナノキから作り出す織物が今現在も作られています。
沖縄の芭しょう布や静岡県のくず布と並び、代表的な古代織とされています。

発祥は平安時代にも遡るとも言われており、
全国各地で作られていましたが、木綿や絹の普及、
戦後の化学繊維の大量生産により、姿を消したものも多いです。

それでも今なお残っている古代布づくりは、
山里における大切な冬仕事という位置付けはもちろんのこと、
昔と変わらない技術で周辺の自然のものから作られる素朴さと温もりが、
人々を魅了し続けているからだと感じます。

しな織ができるまでの行程は大きく分けて10段階です。
6月にシナノキの選別・伐採から始まり、実際に織り機にかけるのは翌年の2月頃。
材料の下ごしらえに農作業との兼ね合いもありますが、半年もの時間があります。

しかし、そのような行程から生み出されたしな織には、
香りといい、風合いといい、えも言われぬ自然素材の魅力が詰まっています。

シナノキは日本全国に生息しているため、
岡山県のがま細工における「ヤマカゲ」や福島県の「モワダ」などと
呼び名を変えて編組(へんそ)細工に使用されています。

そのしな織の技術で作られたかごを産地の言葉で「てんご(てご)」と言います。
元々はもう少し大きなサイズで水にも強い素材のため、
主に山仕事の際に重宝され、山菜・野菜などの収穫かごとして使われていました。

それを現代でも使いやすいサイズにしており、こちらは取っ手の短い手提げタイプです。


取っ手も接続部分や、


持ち手部分もすべて「しな」のみで作られています。


縦のしなは左右のしなと交互に横のしなで編まれています。
そのため、すかし編みのように少し左右のしなの間に隙間ができます。


内側もしっかりと編まれています。


A4サイズがすっぽりと入るほどで、十分な容量があります。
素材が柔らかいため、体につけて持てるのも扱いやすくてよさそうです。

まるで木から作られたとは思えないほどの優しい風合いの古代織。
さっぱりとシンプルな服装にも合いそうな、しな織手提げです。



サイズ/重量
約35x10x高さ25(取っ手付き高さ40)cm/360g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 58,000円(税込62,640円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
上へ