竹かごや 市川商店

新潟県篠竹 うどん振り(ステンレス&木柄)

新潟県佐渡島では、良質な竹が取れたため、
竹製品作りが盛んになりました。
200年以上前から佐渡島から島外へ竹製品を出荷していた記録が残っています。

その佐渡島で作られるものは業務用にも耐えうるような
頑丈なつくりのものが多く、家庭用のみならず、
さまざまな産業を支える道具を作り出してきています。

その中でもこちらはうどん屋さん、そば屋さんの業務用道具である
竹製の「うどん振り」です。「うどん振りざる」「振りざる」と言ったりもします。
今は全てがステンレス製のものが多いですが、竹の水切れのよさや軽さ、丈夫という良さは
変わることはありません。うどんやそばなどの麺類を扱うお店では必須の道具です。


先端に行くにつれて形は絞られ、
底には十字の竹が通してあり、さらにそこに垂直に籐で補強されています。
その上、うどん用は底から縁、および取っ手にかけてステンレス線で補強しています。


用途はシンプルでそばやうどんの水切り、湯切りです。
取っ手がないそば振りざるに比べ、口が少し小さく、細くなっています。


おそらくこれはそばとうどんで使う段階が違うためと考えられます。
そば振りざるの場合は
大釜で茹でてから、その釜から直接ざるを手で持ち、一人前分をすくいあげたりすることもあるため
口が大きくないと、茹で湯に手が触れて熱いですし、そばをすくいにくいです。

一方、こちらのうどん用と言われる振りざるは、
あらかじめ、このざるの中に一人前ほどの茹でたい物や温め直したい物を入れてから、
ざるごとお湯の中に入れます。そのため、注文がたくさん入った時などは、
大きな釜にこのざるが何本も差し込まれることもありそうです。
ですから、細身で、柄があったほうが使いやすそうです。

そばは茹であげてから、揚げざるや溜めざるを使い、
水でしめてからの水切り具合や時間によって変わる「風味」がポイント。
うどん屋さんで、あらかじめ茹でられているうどんがよく見られることと思います。
それらをいかに一玉分をすぐに温め直すことができるかなどがポイント。

それぞれにお店を営む上で大切なポイントが変わってきて、
それに応じてざるの仕様もかわるという、まさに実用性を重んじた業務用ざると言えます。

縁を籐で巻いたタイプで、縁の中にもステンレス芯が入っているので、
大変丈夫にできています。

業務用では、生産性や耐久性の高さ、価格の安さなどでステンレス製が
よく使われているのが現状ですが、ざる部分の水切りの良さは竹が一番とも言われています。
もう一度、昔ながらの竹の道具を使ってみても素敵ですよね。
麺好きの方はこちらで本格的な湯切りをしてみてはいかがでしょうか。



サイズ/重量
約直径14x高さ18(取っ手付き高さ36)cm/230g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 5,000円(税込5,400円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ