竹かごや 市川商店

【受注生産】茨城県孟宗竹 大かご(落ち葉かご 大)

茨城県には熟練の竹職人がまだ数人残っており、
後進の育成をしつつ、現在も仕事に取り組んでらっしゃいます。

かつて、竹製品が当然のように暮らしの道具であった時代に、
親御さんから受け継いだ方もいらっしゃれば、
東京の竹工所などでお仕事をされ、技術を磨いた方も多くいらっしゃいました。

昔ながらの職人気質が残っていながらも、
気優しい方が多く、当店も大変お世話になっております。
そんな昔の職人さんは基本的には「何でも」作れる方が多く、
荒物から竹工芸まで竹細工の様々な「モノの作り方」をご存知です。

その茨城県の熟練職人さんが孟宗竹でつくったこちらは、
その名もずばり「大籠(おおかご)」です。

その名の通り、大人が数人入れるほどの大きな大きなかごです。
こちらは、現在作れる方はほとんどいらっしゃいませんが、
一応昔の関東の竹の規格品の一つで、この下に中籠、小籠というものがあり、
おもに、落ち葉や紙くずなどを入れるかごでした。


弊店ではこれと同じような六ツ目編みで編まれた四角い角籠タイプを
よく納品していたという記録が残っています。
印刷所や大規模な会社の裏にはこういった籠があったと言います。

公園管理関係の方が落ち葉などを集める時には、
葉っぱをたくさん入れ、その上から人が乗っかり踏みつけて、
ぎゅうぎゅうに詰めていくこともあります。

そういったことに耐えられるよう、底には力竹を4本入れてもらい、
長い3本の縁にまでかける力竹も3本入れてもらいました。


ひご作りにも工夫があり、立ち上げた時一番下に来る横に回す、
通称「回しひご」は他に比べて薄くするそうです。
そこを厚くしてしまうと、立ち上げるひごがうまく上に向かってくれないからです。

また、六ツ目編みのひごも2本ずつ編んでいますが、
1本のひごの厚みを薄くしています。
さらにそのひごも断面を見ると三角になるよう、片側に向かって薄くしています。
そうすることで、六ツ目編みの編み目が重なるところで、
薄くし、三角にしたひご同士が互いに深く入り込みあって、編み目がきちっとしまるとのこと。

また、大籠は大きいかごのため、かごの胴部分の真ん中で一度縁巻きを施します。


こう言ったざっくりしたように見えるかごでも、
長年の細やかな工夫により、仕上がっています。
孟宗竹は現在、南東北地方以南であれば、どこにでも生えている竹で、
そこから、人々はこのような道具を作っていました。

こちらの商品は受注生産となり、また、送料も別途頂戴いたします。
お送りするにしてもかなりの送料がかかることが予想されます。
できるだけお引き取りにいらしていただければと思います。
まずは、お気軽にご相談くださいませ。


サイズ/重量
約直径1mx高さ1m20〜30cm程度

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 50,000円(税込54,000円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ