竹かごや 市川商店

宮城県ほうき竹&桜皮 実用箕(先あり)

宮城県の中心、仙台市以北の地域では、伝統的な篠竹細工のほか、
太い真竹や鈴竹、またたびなどを使った細工も見られます。

その中でもこちらは産地でほうき竹と呼ばれる細い竹と桜の皮を
主な材料として作られている箕です。
産地では、この大きさの箕は「実用箕」とされ、
この大きさより小さい箕は「民芸箕」と呼ばれています。


実用箕は2種類あり、箕の先がとがっているものを「先あり」、
平らなものを「先なし」と分類しています。

こちらは取っ手部分が長く、先がとがっているほうで、
いわゆる「先あり」と言われている方です。


「先あり」の箕は穀物や豆類をふるって、
ちりを飛ばし、選別するために使われていました。

一方、「先なし」は庭や畑仕事でのちりとりとして使っていました。

編み目は全国津々浦々、数ある箕のなかでもかなり細かい方です。
編みを担当されるのは奥様、材料取りや仕上げは旦那様と二人三脚で仕上げられています。

編み目をよく見てみると、口の方と奥の方は竹の肉部分が内側になっていて、
真ん中部分は竹のつるつるの表皮が内側になっています。
職人さんにお聞きしてみると「それはただの化粧だっぺ〜」とおっしゃっていましたが、
奥と先端に摩擦がかかる肉部分を内側にしているところには何か理由がありそうです。


編み目がずれないよう、縦に細く藤が挟み込まれており、それが入ることで編み目がさらに詰まります。
これにより、小さい穀物も漏らすことなく、風でごみやちりだけを飛ばすことができるのです。

縁には産地ではソゾミと呼ばれる木の枝とホウキ竹をを使用し、
それを麻糸で縛っています。


現代において穀物を振るうには十分な大きさと言えます。
規則正しく編み上げられた板部分はまさに圧巻です。
縦の桜皮の茶色と横のホウキ竹の色のコントラストも見事です。


置いてあるだけで十分インパクトのあるインテリアになります。
穀物を選別することはなかなか機会が少ないかもしれませんが、
干し物をするときにお使いいただくのもいいですし、
庭仕事で使っていただくのにも頼り甲斐がありそうです。



サイズ/重量
約72x60x高さ15cm(持ち手12cm)/1040g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 15,000円(税込16,200円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ