竹かごや 市川商店

宮城県ほうき竹&桜皮 肥料振りかご 特大(実用ざる)

宮城県の中心、仙台市以北の地域では、伝統的な篠竹細工のほか、
太い真竹や鈴竹、またたびなどを使った細工も見られます。

その中でもこちらは産地で「ほうき竹」と呼ばれる細い竹と桜の皮を
主な材料として作られている杉の取っ手がついたかごです。

産地では「ざる」という名称を使っており、
このサイズは同じ形が4サイズある中では一番大きく「実用ざる」と呼ばれています。


杉の取っ手には切れ目が入っており、そこでがっちりと麻でかごと結ばれていて、
全く揺れはありません。かごの大きさによって杉の太さも変わります。

取っ手があることで、中に重いものを入れても、バランスよく負荷がかかります。
壊れやすい縁を持たずに使えるため、かごが長持ちする利点があります。


ほうき竹のひごは、3mm程度と細いですが、桜の皮としっかりと編まれており、
その細いひごからできていると感じさせません。
また、横のひごと縦のひごを編んだ時にできる隙間には、
藤の蔓が縦に入れられていて、これが隙間を埋め、編み目をきっちりと決めてくれています。


かごやざるは四隅かや縁ら壊れやすいです。
そのため、かごの下部分には補強でもう一枚、桜の皮が差し込まれています。


もともとは箕を作る技術を応用してかごを作っているため、
他のかごとは仕上げ方が違います。縁には真竹を使っています。


編み目がこれだけ詰まっているのも、箕として使う場合、
小さい穀物も漏らすことなく、風でごみやちりだけを飛ばすことができることからきています。

産地では、農作業で石灰や堆肥や糠などの肥料を撒く(振る)時に使われていたため、
肥料振りかごと呼ぶ人もいますが、地元の人にお聞きしてみると、
玉ねぎをたっぷり入れて、吊るしておいたり、草刈りの時に使ったり、
裁縫道具を入れておいたりなど、使い方は様々です。


産地のみなさんの使い方をお聞きして、このかごのがっちりした雰囲気を見ると、
産地においては「実用ざる」という名前の方がしっくりくるような気もします。

玄関先のスリッパ入れや台所まわりでの根菜入れ、
リビングでは、散らばりがちなものをまとめるかごとしてなど、
日々の暮らしの実用使いにまさにぴったりのかごです。



サイズ/重量
約直径39x高さ13cm/600g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 12,000円(税込12,960円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
上へ