竹かごや 市川商店

宮城県篠竹 目かご 小つぼ 五寸(特小)

宮城県の竹細工といえば、伝統的な細い篠竹を使った竹細工が有名です。
こちらはその中でも、規則的に並ぶ六角形が美しい目かごです。
このかごのように六角形の目が開いたかごのことを、
「目かご」、「目ざる」などと呼ぶことが多いです。

もともと産地では「小つぼ 五寸(約15cm)」という名が付いています。
小豆洗いの目かごを作っている方と同じ方が作っているため、
産地の他の小つぼよりは、編み目が詰まっています。

本来の小つぼと呼ばれる目かごは、もう少し編み目が大きく、
山のものでは山菜、きのこを洗ったり、
海のものでは牡蠣などの貝類を洗ったりするのに使われていました。

こちらのかごの目の大きさは6mmから7mmほどあり、
小豆で言いますと比較的大粒の部類を洗う目の大きさとなります。


小豆洗いの小(直径七寸・約21cm)・大(直径八寸・約24cm)の中に入ると、
二寸(約6cm)の差がよくわかります。


昔からの製法そのままに、縁巻きも篠竹だけで編み上げています。


直径が五寸(約15cm)の国産のかごはほとんど出回っていないのが現状です。
小さいサイズは手間は変わりませんが、指が入りにくくて作りにくかったり、
値段を高くしにくいなどの理由で作る人が大変少なくなっています。

茹でた枝豆を盛ったり、プチトマトや小さい野菜を洗ったり、
洗ったいちごなどの果物を盛ったりと小ぶりなざるですが、
大活躍間違いなしのかごです。


篠竹自体が他の竹に比べると細くて、柔らかい竹ですので、
かご部分は大変しなやかでやわらかいです。
重いものを乗せて、運んだりするかごではありませんので、お取り扱いの際にはご注意ください。


※仙台市よりも50キロほど北部に位置する大崎市岩出山地区では、
 江戸時代のころから武家の内職でかごやざる作りが始まったと言われています。
 その地域に自生していた篠竹を業務用や暮らしの用途に合わせて作っていました。
 最盛期は80種類以上の種類のかごやざるが作られていましたが、
 時代の流れとともに種類も生産量も減少しており、現在では貴重な品になっています。


サイズ/重量
約直径16x高さ7cm/30g

※ざるは縁に力がかかるため、縁から壊れやすくなるものです。
 長くおつかいただくためには、縁だけではなく、
 ざる全体を持つようにしていただくと長持ちします。
 タワシなどで水洗いした後に水を切るときも縁を打ち付けて水を切るようにしてしまうと、
 あっという間に壊れてしまいます。
 全体を持って振ったり、お尻を叩いたりしたほうが縁に負担がかかりにくくなります。

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 2,500円(税込2,700円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
上へ