竹かごや 市川商店

山形県ぶどう蔓&またたび 枡あじろ編 手提げ 31cm

東北地方の中でも南東北の西側、日本海に面する山形県。
その山形県の南部は、海には接しておらず、内陸に位置しています。
山が連なり、その山間に町が形成されてきました。
町のほとんどの面積を山が占めているような地域では、
冬になると雪も多く、農家の冬仕事として樹皮細工や蔓細工の文化が育まれてきました。

くるみに山ぶどう、あけび蔓にまたたびといった材料を加工し、
生活の道具や民芸品とし、昭和の最後の時代からは、
地域ぐるみで大切な技術を伝承しようとしています。

その中でもこちらはぶどう蔓とまたたびを使った珍しい手提げです。
山ぶどう蔓が採取できるのは、6月の湿気が多い時期のほんのわずかです。
それに対して、またたび冬に雪が入る前に採取することが多いです。
採取時期の違う二つの素材を使用することは、
作り手にとっては大変手間がかかるので、通常はしないものです。

数ある蔓細工の中でもぶどう蔓は耐久性がとても高く、
長く使えること、また、人の手の脂で艶が出てくることも大きな特徴です。

またたびはその白さと手あたりの柔らかさが何と言っても魅力です。
雪が多く、竹があまり生えない地域においては、
またたびがざるや台所周りの道具を作る材料でした。

こちらはその二つの素材を使用して、大胆な編み模様で作られた手提げです。
あじろ編みを使って、枡(ます)がいくつもできる編み方から、
「枡あじろ編み」などと言われています。
縦ひごにまたたび、横ひごにぶどう蔓を使用しています。


持ち手との接続部分はぶどう蔓でさっぱりと留められており、
すらりとしたフォルムを崩さないような仕上がりです。
揺れは少なく手の動きについてくるような感覚です。置いたときにもフォルムが崩れません。


持ち手の編み方にも工夫があります。
きっちりとぶどう蔓で編まれていますが、縦に一本裏側のひごを入れることで
胴部分のデザインと雰囲気を合わせています。


底の部分は全てまたたびのあじろ編みで編まれています。
この底部分のひごがそのまま胴部分の縦ひごになっています。


うねりがあるぶどう蔓を細く薄いひごにすることにより、
またたびとの相性をよくしています。
また、そのことで、かごをぐっと軽くしています。

ぶどう蔓のかごバッグといえば、しっかりとしたひごで重厚感のあるものが多いですが、
こちらのかごはそのような重厚感から真逆をいく軽やかで、端正な雰囲気です。
編み目だけでなく、かっちりとしたフォルムがその雰囲気をより強調しているようです。


かごの内側も表側同様、大変端正な仕上がりになっています。


ぶどう蔓は手の脂でツヤを増し、またたびも経年変化で色が変わってきます。
数年後、数十年後の変化が大変楽しみです。
素材の組み合わせ方や仕上がり、他に類を見ない上品なかごです。



サイズ/重量
約31x12x高さ23(取っ手付き高さ36)cm/260g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 140,000円(税込151,200円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ