竹かごや 市川商店

鹿児島県白竹 一段手付弁当かご 大

鹿児島県は日本でも有数の竹林保有面積を誇る「竹大国」と言えます。
その半数を占めるのが見るからに生命力に満ちた太い孟宗竹です。
孟宗竹は肉が厚く、ヒゴにするのには大変な苦労があります。
その為、竹のヘラ等の調理道具やスプーンなどのカトラリーに加工されることが多いです。

逆にざるやかごなどの編組(へんそ)品は真竹で作られることが多いです。
孟宗竹に比べ格段にヒゴにしやすいのです。

こちらは、青い真竹を天日干し、または煮沸などの熱処理にて
竹の油と色を抜いた「白竹」を使って作られた取っ手付きの弁当箱です。
その中でも一段の長方形タイプの大サイズです。

九州地方では昔このタイプの小さいかごが子どもたちのお弁当箱だったと言います。
また、産地では豆腐かごという名前でも残っており、
豆腐を運ぶ際のかごだったということもこの四角く、取っ手付きのかごを見ると、頷けます。

取っ手はこのように、横に開くことができますので、蓋の開け閉めは問題ありません。
蓋がかちっとはまるところも職人の技術です。
蓋を開け閉めするときも楽しくなるような気持ちよさです。


釘は真鍮のものが使われており、竹の色に合わせられています。


真鍮を打った裏側は竹に沿って、きれいに曲げられています。
ただ、取扱う際には念のためお気をつけください。


一段のみとはいえ、B5版サイズが横にしてすっぽり入り、
かごの深さが10cm以上もありますから、
3人から4人分程度のお弁当が入れられることと思います。


黄色味の強い風合いから和食やおにぎりのみならず、
サンドイッチなどの洋食との相性もとても良いです。
通気性があって、蒸れにくいところも食材にやさしいですね。

汁漏れなどで汚れてしまわないよう、
下にキッチンペーパーやラップや布等を敷くのもいいと思います。
竹がそこにぐるっと一本立てて、回されており、底上げになっています。


昔に比べると、豆腐を運ぶ機会は減ってしまっているかもしれませんが、
竹で作られた蓋つきで取っ手付きの四角いかごは使い勝手がよさそうです。

行楽地やイベント、友人との持ち寄り食事会に行く時のお供にしてもいいですね。
少人数の場合、このサイズであれば、ここに直接お弁当を盛り付けるのもいいですが、
飲み物やお手拭き、タオルなどもまとめて入れて運ぶかごとしても考えられそうです。

その他、道具箱やお菓子入れにするなど、
使い方はアイディア次第でいろいろと広がりそうです。



サイズ/重量
約27x22x高さ15(取っ手付き高さ24)cm/480g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

弁当箱の内側には竹を曲げるために熱を加えた名残で少し黒ずんでいるところがありますが、
品質に問題ございません。
また、表面も竹特有の模様・斑点などが見られることがありますが、
自然の風合いと予めご了承いただき、ご購入くださると幸いです。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 20,000円(税込21,600円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
上へ