竹かごや 市川商店

秋田県イタヤカエデ 葉書入れ(四ツ目編み)

秋田県中部の秋田市、大仙市、仙北市のエリアを中心に
200年ほど前から農閑期における農家の副業として、
イタヤカエデを使用した細工が作られていました。

イタヤカエデは楓(かえで)の一種ですが、
雨宿りができるくらいに、葉がよく繁り、板でふいた屋根の様子から
その名「板屋楓」がついたと言われています。

北海道と秋田県に多く生息しているため、豊富に材料が近くにあったことや、
近くの行商が集まる大曲や横手での「市(いち)」における需要があったため、
細工をする人がたくさんいたそうです。そこで物々交換をしていたこともあったとのこと。
秋田県仙北市では、最盛期には40軒近くもイタヤカエデ細工に従事する世帯がありました。
その時代はほとんどの世帯が農家で使う「箕(み)」を製作していたとのことです。

秋の雪が降る前に材料を刈り出しておき、
必要分以外は雪の中に保管するなどしてその独特の白色を保つようにしておきます。
丸太の状態のものを、八つ割りほどの荒割から始まり、
機械も途中で入れはしますが、大半は手作業でのひご取りをします。
薄くテープ状にし、1mm程度の厚さにまで材料を作っていきます。

山に入り、木を切ってくれる人も、大変少なくなり、
今や貴重な材料を使っての細工となっています。

こちらはそのイタヤカエデで作られた葉書入れです。
白いテープ状にしたひごを、四ツ目編みという
向こう側が少し見えるような透かした編み方で編んでいます。


縁はテープ状のイタヤカエデを何重にもぐるぐると回した後、
それを同じくイタヤカエデでかがって留めています。
ぐるりと横にしたひごを仮留めするために、一部金具が使われています。


上から見た口部分は細長い楕円ですが、
底は四角ですので、物の収まりがよいです。


葉書であれば、横にしても入りますし、
縦に入れるとこのような感じになります。
(写真では見にくいですが、一応、横にも一枚別の葉書が入っています)


イタヤカエデ細工は現代の生活にもなじみやすいその白さや
丁寧なひご取りと面取りで木とは思えないほどの手触りが特徴です。
また、丈夫で、軽く、経年変化でゆるやかに飴色になっていくのも楽しめます。

都市部で多い、白い壁の部屋にも邪魔をしない色みとデザインです。
四ツ目編みは目があいているので、中に入っているものが少し見えます。
編み目が詰まったのあじろ編みで編まれた葉書入れ(写真右)もございます。


一応、かごだけで自立しますが、お使いになるときは立てかけるか、
壁に画鋲などを使って刺されたほうがいいかもしれません。
四ツ目編みは編み目があいているので、
そこに画鋲等を刺して、壁に固定するのもいいと思います。

壁に直接固定しなくても、編み目の間に糸を通して、
吊るすように使うこともできます。
お部屋の状況に合わせて使ってみてくださいね。

日々、たまっていきがちな郵便物の中で、
後でしっかり見たいお気に入りのお店からのダイレクトメールや
返事をしたいご家族やご友人からの葉書等、
処分する他の郵便物と区別する一時的な保管かごとしても、重宝しそうです。

少し中が見えることで、なんとなく何が入っているかわかることも、
一時保管かごとしての大切や役割かもしれません。



サイズ/重量
約17x7x高さ13cm/40g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 3,500円(税込3,780円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ