竹かごや 市川商店

秋田県イタヤカエデ 弁当かご(あじろ編み)

秋田県中部の秋田市、大仙市、仙北市のエリアを中心に
200年ほど前から農閑期における農家の副業として、
イタヤカエデを使用した細工が作られていました。

イタヤカエデは楓(かえで)の一種ですが、
雨宿りができるくらいに、葉がよく繁り、板でふいた屋根の様子から
その名「板屋楓」がついたと言われています。

北海道と秋田県に多く生息しているため、豊富に材料が近くにあったことや、
近くの行商が集まる大曲や横手での「市(いち)」における需要があったため、
細工をする人がたくさんいたそうです。そこで物々交換をしていたこともあったとのこと。
秋田県仙北市では、最盛期には40軒近くもイタヤカエデ細工に従事する世帯がありました。
その時代はほとんどの世帯が農家で使う「箕(み)」を製作していたとのことです。

秋の雪が降る前に材料を刈り出しておき、
必要分以外は雪の中に保管するなどしてその独特の白色を保つようにしておきます。
丸太の状態のものを、八つ割りほどの荒割から始まり、
機械も途中で入れはしますが、大半は手作業でのひご取りをします。
薄くテープ状にし、1mm程度の厚さにまで材料を作っていきます。

山に入り、木を切ってくれる人も、大変少なくなり、
今や貴重な材料を使っての細工となっています。

こちらはそのイタヤカエデで作られた弁当かごです。


白いテープ状にしたひごを、あじろ編みという目が詰まった編み方で、
しっかり編み上げています。


縁はテープ状にしたイタヤカエデをぐるっと回した後、
それを同じくイタヤカエデでかがって留めています。


このような蓋物のかごは身部分のかごと蓋部分のかごの寸法が微妙にちがうため、
それをちょうどよい具合に合わせるのに高度な技術を必要とします。
微妙にサイズの違うかごを二つ作り、かつその二つがぴたりと収まらなくてならない。


また、蓋物のかごに共通して言えることは、
蓋をして、一つのかごとしても使えますが、
身のかごと蓋のかごを分けて使うことができるということです。


蓋のかごでも幅が10cmほどですから、
細身で場所をとらず、小物整理かごにも重宝しそうです。


弁当かごとしては1人分程度の量が入る大きさです。
コンビニなどに売っている丸いおにぎりであれば、4〜5個ほど入ります。
おにぎりなどであれば、そのまま入れてもいいですし、
心配であれば、おにぎりをラップなどにくるんでいただくか、
クッキングシート等を敷いてご使用いただくといいです。

サンドイッチを敷き詰めてもいいですよね。
同じく、ラップやシートをご利用いただきながらであれば、問題なさそうです。

現在はとても小さいタッパーも販売されていますから、
水気のあるおかずなどもそれらを利用することで一緒に入れることもできます。

使い終わったら、たわしでシャカシャカと水洗いして、
水気をふき取るなどしてよく切り、風通しのいいところで保管してくださいね。
油物などを使わない限り、洗剤などは使わなくても大丈夫ですよ。

こちらの弁当かごには同じサイズで四ツ目編み(写真左)のものもございます。


竹やほかの素材とは違った白さが引き立つイタヤカエデの弁当かご、
さまざまな使い方でお楽しみください。



サイズ/重量
約17x9x高さ8僉奮犬覆傾發7僉/80g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 7,500円(税込8,100円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ