竹かごや 市川商店

茨城県真竹&孟宗竹 整理かご 大

今は珍しくなってしまった「つづら」。
このつづらを作る職人に弟子入りし、
現在も日々、つづらを次の世代につなげていくため、鍛錬を重ねてらっしゃる方がいます。

通常、竹のかご編みから最後の漆の上塗りまでを複数人で仕上げるところ、
一人でも完結できるよう竹編み、上塗りともに修業されました。

そんな次の世代を担う、つづら職人にお願いした竹で作られた整理かごです。
サイズは大・中の2サイズあり、こちらは大(写真下)の方です。


全体は真竹で編まれていて、縁に孟宗竹を使用しています。
太くて固く、細工がしにくい孟宗竹をかごに使うことは、
昔の職人はよくしていましたが、現在はほとんどしません。


真竹も普通は青い表皮を使うことが多いですが、
つづら職人が作るかごならでは、竹の内側の肉部分を使用しています。
紙を貼るにはつるつるの表皮より、繊維がある肉部分の方が貼りやすいからです。

編み方は本来のつづらとは少し違い、目を詰めた編み方にしています。
ひごは丁寧に作られていますので、手当たりも柔らかいです。


縁の竹を留めるのに、釘が打たれています。
内側で折って手に当たらないようにしていますが、念のため、お気を付けください。


本来、つづらの場合は底の角部分は竹をパキッと折ってでもしっかりと直角にします。
竹だけで完結せず、後から紙を貼り、漆を塗るので、竹が多少折れてもいいのです。
しかし、こちらはかごだけで使うように作ったかごのため、
緩やかにしか底の角にくせをつけず、パキッと折れないようにしています。
内側には底を立ち上げる為の職人の目印がついています。


そのような仕様のため、底は緩やかに真ん中の部分が膨らんでいます。
底面が広いため、置いた状態でぐらつきはあまりありません。
物を入れれば、さらに落ち着きます。


底はさっぱりと四ツ目編みで編まれています。
二本の力竹(ちからだけ)が通っていますので、
しっかりと底面を支えてくれています。


また、かごの口の部分を内側にしならせて、いわゆる「そり」を入れるのも、
つづら職人ならでは手法です。


つづらを作る工程でかごに紙をピンと貼ると、
かごと紙の力関係で、縁が外側に引っ張られます。

最初から縁がまっすぐだと、外側に引っ張られると、膨らんだ形になってしまいます。
そのため、あらかじめ、かごの縁に内側への「そり」を入れておくのです。
紙を貼った時に縁がまっすぐになることを想定して、作られています。

この部分は他のかごと違い、つづら職人が作るかごということがよくわかるため、
その名残をあえて、残して作ってもらっています。


幅が55cm程で奥行きが30cm程度の長方形ですので、
たっぷりのものが入れられますし、収まりがよいです。

昔からのつづらの技術を応用しつつ、
現代の暮らしにも合う風合いのこの整理かごは、
世代を超えてお使いいただけると思います。

お子さんのおもちゃなどの持ち物をまとめたり、
タオルや衣類をまとめるかご、ストック等キッチン周りのものをまとめるかご、
時期の違う衣類をまとめるかご、道具類をまとめるかご等、
四角い形から使い方が次々に生まれてきそうです。


<つづら(葛籠・葛篭)について>
「つづら」とは元々はツヅラフジ(葛藤)で編まれた蓋付きの衣類かごを指しました。
その後、竹で骨組みを編み、紙を貼り、柿渋や漆で仕上げるようなりました。
かつては下職(したしょく)、上職(うわじょく)といい、
竹で骨組みを作る職人(下職)と紙張り・漆塗りの職人(上職)は別なのが普通でした。

呉服の町、東京日本橋界隈を中心にたくさんの業者が軒を連ねていましたが、
現在、東京では人形町にある岩井つづら店一軒となっています。
今回ご紹介しているのは、そこで修業をした若手職人によって作られたかごです。


サイズ/重量
約56x29x高さ18cm/400g

※上からおさえつけるように、かごを強く押すと、
 底の角が折れてしまう可能性がありますので、お気を付けください。
※縁や角に職人のかごを作る際の印の跡があります。あらかじめご了承ください。

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 12,000円(税込12,960円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ