竹かごや 市川商店

大分県真竹 夏籠 大

大分県には日本で今やほとんどなくなってしまった
竹職人を育成する機関「竹工芸・訓練支援センター」があります。
別府市が竹細工では昔から有名で、数多くの職人がこの地から、
竹の世界へ飛び込んでいます。

大分県の竹の編組細工は、九州地方に豊富に生えている真竹を使用することが多いです。
その真竹は青々として、とても力強く、凛としています。

そのしっかりとした真竹を丁寧にヒゴにしていき、
さらに刃物で表皮を薄く剥ぎ、磨き上げる技法を
通常「みがき(磨き・研き)」と呼んだりしています。

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたヒゴで編み上げた
「夏籠」と名付けられた手提げの大サイズです。

竹とつづらふじの材料取りから仕上げ、
籠の名前にまで、信念をもって、
大分県で籠を作り続ける桐山浩実さんの籠です。

縁も同じく磨いた竹で巻いて仕上げる、「巻縁(まきぶち)仕上げ」です。
真竹は固いので、巻縁仕上げをする際には、角度や力加減を気を付けないと、
パキッと折れてしまう可能性があります。
ですから、出来るだけまだ柔らかい若い竹を使い、慎重に巻いていきます。


取っ手部分と本体をつなげているのは、「つづらふじ」の蔓です。
つづらふじと竹の間には揺れやガタつきが少なくなるよう、緩衝材をかませています。


竹とつづらふじのみで仕上げたこのかごは、
自然に生えていたものを加工したとは思えないほどの、洗練された出で立ちをしています。

底は「いかだ底編み」という、籠を作るうえで大変丈夫な編み方です。
大容量にも耐えうる作りになっています。


「みがき」の技術の素晴らしいところは、
青い竹が輝くことはさることながら、磨いたことにより、
表面にムラがなくなる為、経年変化する際にきれいに飴色に変わっていくことです。
こちらはその色味が少し入ってきている段階です。


また、かごの真ん中を通る太いひごは底を通って、
反対側の縁まで一筋に通っており、デザイン的にも強度的にもポイントになっています。

持ち手は、竹を芯材としてつづらふじでぎっちりと巻かれています。
かご全体のフォルムの中でもひと際存在感があります。


細身でありながら、大変がっちりとした作りです。
荷物が多めな方でも、深さもありますので、十分な量が入れられます。
お出かけ用の手提げとして、目を引くことは間違いありません。



サイズ/重量
約36x19x高さ30(取っ手付き高さ45)cm/650g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 35,000円(税込37,800円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ