竹かごや 市川商店

大分県真竹 四ツ目手つき籠

大分県には日本で今やほとんどなくなってしまった
竹職人を育成する機関「竹工芸・訓練支援センター」があります。
別府市が竹細工では昔から有名で、数多くの職人がこの地から、
竹の世界へ飛び込んでいます。

大分県の竹の編組細工は、九州地方に豊富に生えている真竹を使用することが多いです。
その真竹は青々として、とても力強く、凛としています。

そのしっかりとした真竹を丁寧にヒゴにしていき、
さらに刃物で表皮を薄く剥ぎ、磨き上げる技法を
通常「みがき(磨き・研き)」と呼んだりしています。

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたヒゴで編み上げた手つき籠です。

竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、
大分県で籠を作り続ける桐山浩実さんの籠です。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。

縁も同じく磨いた竹で巻いて仕上げる、「巻縁(まきぶち)仕上げ」です。
真竹は固いので、巻縁仕上げをする際には、角度や力加減を気を付けないと、
パキッと折れてしまう可能性があります。
ですから、出来るだけまだ柔らかい若い竹を使い、慎重に巻いていきます。
すき間なく計算されたその力強い縁巻きにはため息が出るほどです。


取っ手部分と本体をつなげているのは、「竹釘」と「つづらふじ」の蔓です。


籠の内側にもぐるりとつづらふじが回されています。


底は「四ツ目編み」という、目が大きく開いた編み方です。
取っ手付きのかごでこのような編み方をするときは通常、
畑でとれたものの土や泥が落ちるように、
洗った野菜など水分があるものの水が切れるようにというような目的があります。


「みがき」の技術の素晴らしいところは、
青い竹が輝くことはさることながら、磨いたことにより、
表面にムラがなくなる為、経年変化する際にきれいに飴色に変わっていくことです。

持ち手は、竹を2枚重ねており、手で持つ部分はつづらふじでぎっちりと巻かれています。
持ってみると、そのつづらふじの部分がグリップが効いていて、握りやすいのがわかります。


底は6本もの力竹(ちからだけ)が通っていますので、
たっぷりの容量を入れられるのはもちろん、地面や床に置くときも安心です。


このかごを前にしてしまうと、畑で使うのはもったいないほどの仕上がりです。
畑でしたら、たっぷりの野菜や果物を収穫できることと思います。


つづらふじの色のアクセントもよいですし、形としてもどこか愛嬌があります。
少々幅がありますが、手提げとしても十分に使えると思います。
ちょっとしたお出かけですと、大きいかもしれませんが、
日々の仕事で使う道具類を入れて使うのには、頑丈でぴったりな作りです。



サイズ/重量
約直径35x高さ22(取っ手付き高さ38)cm/870g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 30,000円(税込32,400円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ