竹かごや 市川商店

富山県 藤箕 ミニ箕(一升)

富山県氷見市では昔から藤箕づくりが盛んでした。
現在では、その箕作りの技術は国の重要無形民俗文化財に指定されています。

氷見の藤箕で実用箕は4サイズあり、飾る福箕は6サイズ程あります。
こちらは全サイズの中で一番小さい一升サイズの箕です。
写真の奥にある実用箕と比べて見るとその差がよくわかります。


材料は様々な植物を使っています。
縦は藤がメインで桜の皮が補強&色やデザインのアクセント、横を矢竹で編んでいます。


サイズは小さくとも、作りは大きい実用のものと遜色ありません。


縁にはニセアカシアを2本使い、
それを藤の皮でがっちりと巻いてあります。
ぎっちりと藤の皮がまいてある為、本来の素材の感触が楽しめます。


小さいサイズながら、実用箕と同じ作りで氷見の藤箕ならではの
コクのある雰囲気が味わえます。

かごやざると違い、独特の形をしていますが、全国に必ず見られるこの形は、
デザイン的視点からも力学的視点からも無理のない形です。
そのため広く、そして、長く人々の暮らしの近くにいました。


ご家庭内で使えるサイズのこのミニ箕は、
もともと実用で使っていた通り、じゃがいもなどの根菜類を乗せておくにはぴったりです。
片口で投げ入れやすく、取り出しやすいです。

福をすくう縁起物は玄関先に飾っておくだけでも、
縁起がいいですし、平置きして鍵を投げておいてもいいですよ。
改めて暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。


<富山県氷見市、論田・熊無の藤箕>
大正時代の全盛期にはこの地区で年間10万枚も生産していたという記録が残っています。
かつては数軒を除くすべての家が藤箕づくりに従事していたと言います。
昭和30年頃まで同地区の生産業として盛り上がっていたそうです。

現在では、生産者の高齢化などもあり、生産量は減少していますが、
実用的な箕以外にも縁起物である箕を「福箕(ふくみ)」として、関西方面に出荷しています。

実用的な箕は今でも北海道地方やその他の地方で、
お米を干す時に使われたり、種じゃがいも等の穀物収穫や運搬、選別工程で使われたりしています。


サイズ/重量
約30x22x高さ7cm/160g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 6,500円(税込7,020円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
上へ