竹かごや 市川商店

新潟県根曲竹 楕円椀かご 大(夢籠)

新潟市の南東部に位置する五頭連峰近くの集落では
地元で採れる小指ほどの太さの根曲竹やその他の竹を使い、
かごを編む文化がありました。

現在、作れる方は片手で数えるほどとなってしまいました。
しかし、その卓越したデザインセンスと仕上がりの丁寧さは、今も健在です。

ここの籠づくりでは岩手県産の鈴竹も編みに使用しています。
また、他に地元で採れるものとして、黒竹をデザインのアクセントにし、
底に使う力竹(ちからだけ)や縁の芯材には孟宗竹を使い、
かご部分と高台をつなぐ部分に出湯笹(でゆざさ)と呼ばれる笹を使用しています。
全部で五種類も使ったある意味で贅沢なかごと言えます。


その中でもこちらは新潟県根曲竹細工の代表と言われるかごである
大ぶりな手つきかご「夢二籠(ゆめじかご)」の取っ手をなくし、
椀かごとして使えるようにしてもらった籠です。産地ではこれを夢籠と名付けました。


縁もほとんど隙間なく、竹で巻かれており、丁寧な仕事ぶりが窺えます。
この根曲竹のひごの細さでぎっちり巻くのにはさぞ時間がかかることと思います。


ふっくらとした胴部分は細いひごで丹念に編み上げられています。
六ツ目編みという編み目が六角形になる編み方をベースに、
さらにひごをさしていく、青森県や長野県の根曲竹細工でもよく見られる編み方です。


規則的に編まれた六ツ目編みが大変美しいです。
また、底部分には底を支える孟宗竹の力竹(ちからだけ)が3本入っています。


底部分の枠にも全て根曲竹が巻かれており、縁巻きに妥協がありません。
底があがっていますので、通気性も良いです。


比較的細長い楕円形ですので、狭いスペースにも置きやすいかもしれません。
サイズをよくご確認ください。


上部と下部には黒竹を入れ、デザインのアクセントにしています。


たっぷりの容量がありますし、内側のかごの高さも18cmほどありますので、
食器類はもちろんのこと、雑誌等の収納かごとしてもいいですね。
仕上がりのきれいさから、洋室・和室問わず、
部屋に置いてあるだけでインテリアとして十分に機能しそうです。

こちらの産地の楕円椀かごは4種あり、こちらは一番大きなサイズです。(写真左上)


細いひごで編まれているとは思えないほど、
大きめのお皿も、背が高いグラスも、雑誌類も
しっかりと支えてくれそうな作りのかごです。



サイズ/重量
約38x28x高さ22cm/350g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 30,000円(税込32,400円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ