竹かごや 市川商店

大分県真竹 磨き猫足収納かご

大分県の竹細工は、九州地方に豊富に生えている真竹を使用することが多いです。
青い竹を火で炙ったり、煮たり、または天日干しをしたりして
油分や色を抜いた白い竹で作る「白竹細工」と言われるものも有名ですが、
こちらは自然そのままの色の青竹を使用しています。

その青い竹の表皮を薄く削る「磨き」の手法で仕上げられています。
皮をそのまま使うよりも、薄く剥いだ方が全体の色がそろい、きれいです。
また、経年変化による色の変化も皮付きより深く入っていきます。

青竹細工というと凛として、力強い雰囲気のものが多くありますが、
こちらの職人さんが作るものは、お人柄が出ているのか、
丁寧で、どこか優しい雰囲気のかごに仕上がっています。

こちらはその青竹を磨いたひごから作られた猫足かごと名付けられたかごです。


この編み目から、大変丁寧な材料づくりをされていることがわかります。
磨き方も見事です。竹の無駄を出さないよう編み目には竹の表皮と内側の肉部分を
交互に編みこんでいます。
また、面取りもされているため、竹とは思えないほど、手触りも滑らかです。


縁は巻縁(まきぶち)仕上げと言い、
若くて柔らかい竹をきっちりと巻き付けています。

底にはX字に力竹(ちからだけ)が刺してありますので、安心感があります。
また、底の四隅には、籐(とう)で飾りながら、補強しています。


内側から底部分を見ても、その青竹の美しさは変わりません。
容量もたっぷりあります。


猫足かごという名前がつけられたこのかごは、
全体のフォルムに丸みがあり、かわいらしいです。

実際にここに布を敷いて、猫ちゃんの居場所としてお使いいただいてもいいと思います。
まあるくなって眠っていたら、さぞかわいいことでしょう。
もちろん、タオルケットやブランケット入れにしたり、
食材のストックを入れたり、野菜の収納にしてもいいですね。

多少、四本足にがたつきがあります。
しかし、物を入れれば、三点でしっかり支えますので、使用する上で問題はありません。

経年変化については、きれいに色が入ってしっかり艶も出そうな仕上がりです。
四つ足の部分に籐(とう)が巻かれていることで、
猫の肉球感が出ているところが、また良いですよね。



サイズ/重量
約直径33x高さ20cm/420g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 26,000円(税込28,080円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
上へ