竹かごや 市川商店

新潟県くるみ 総外皮手提げ(あじろ編み) 32cm

新潟県と言っても、竹細工で有名な佐渡島もあれば、
本土の方は最北部は山形県に接し、
そこから南西部に向けて順に福島県、群馬県、長野県、富山県に接しています。
接する県の数や、県の幅の長さを考えただけでも、様々な文化がありそうです。

編組品(へんそひん)も接している他県と同様、長年取り組んでいる方がいらっしゃいます。
この方は昭和40年代より編組細工を作り始め、
「丈夫で使いやすい」を一番に、今も様々な材を使い、
かごに限らず、民具を作り続けていらっしゃいます。
この道50年になる職人さんが作ったかごは素朴な中にも
洗練されたデザイン性が潜んでおり、まさに「用の美」という言葉を連想させてくれます。

あけび蔓細工から始めた職人さんは
今や山ぶどう、くるみ、やまざくらなど様々な材を使いこなします。

その中でもこちらはくるみの木の外皮を表にして
あじろ編みという編み方で作られた手提げです。


材料の「山ぐるみ」は鬼(おに)ぐるみや姫(ひめ)ぐるみとも呼ばれますが、
いわゆる食用の固い皮を持つあのくるみです。

材料の採取は新潟県の山では5月〜6月上旬までが最適とのことで、
それを過ぎると、きれいな表皮がはがれてきてしまうのだそうです。
3〜4年の若いくるみの木を使用して作っており、
材料選別には特に気をつけられています。

くるみは表皮が白っぽく、内側が焦げ茶色をしています。
このかごはすべて、表皮のみが外側に来るように、
しかもそれをすき間なくきっちりと細めのひごであじろ編みで仕上げています。


このエリアのくるみは、少し切れ目を入れただけで縦の繊維に沿って樹皮がはがせるそうです。
はがした樹皮を1〜2週間室内で乾かして保存しておきます。
一度、乾燥させることは、
・樹皮の繊維をしめるということ
・虫から守る
という2点から大きな意味があるとのこと。

そして、編み始める前に水につけて柔らかくし、
寸法を決め、ヒゴとりをして、かごを編み始めます。

取っ手部分はとても丈夫なぶどう蔓を使用しています。


中には内布などは入っておらず、くるみの素材感が存分に楽しめます。
内側を見てその編み目の美しさは変わりません。


サイズ感はオーソドックスな手提げサイズで、
通常のおでかけであれば、十分な容量があります。

くるみの樹皮もぶどう蔓同様、人の手脂で艶を増します。
きっちりとあじろ編みのくるみの表皮で編まれたこのかごが、
手脂で光沢を増してくると思うと、日々使いこんでいくのが楽しみになりますね。



サイズ/重量
約32x17x高さ21(取っ手付き高さ36)cm/400g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 50,000円(税込54,000円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ