竹かごや 市川商店

岩手県鈴竹 細行李

鈴竹細工が盛んなことで知られる岩手県ですが、
現在においては、作り手の高齢化等によって、生産量が減少しています。

また、生産可能なかごやざるの種類も限られてしまっており、
以前に比べるとずっと量・種類ともに縮小されてしまいました。

そして、こちらの行李もその最たるものと言えます。
昔からの定番の大きなサイズを作れる方はほとんどいらっしゃいませんが、
この細いタイプであれば、まだ産地として作れるということで、ご紹介しています。


この鈴竹行李は兵庫県杞柳細工の柳行李とならび、
物流や収納、引越し等支えた大切な暮らしの道具でした。

鈴竹のひごを3本ずつ、あじろ編みできっちりと編んでいます。


縁は中に真竹の芯が入り、それを籐(とう)でぎっちりと巻いています。


ふたをとって、二つのかごとして、分けて使うという方法もあります。


昔は引越しなどの際には身と蓋にパンパンに荷物を入れ、
蓋が閉まらない状態になるのを縄で縛って、運んでいたなどの話もよく聞きます。


この行李は細身ではありますが、たっぷりの収納力があります。
しばらく使用しない衣類や布類などをしまっておくのにちょうど良いです。

蓋をしない場合は、大判な風呂敷をかごの内側に敷いて、取り出しやすくしたり、
大きな布を上にかぶせて埃から守るなどの使い方もあります。

また、ご家庭の収納の状況によって、収納スペースが狭くなった場合は、
重ねて一個分のサイズとして収納しておくこともできます。
このしっかり重なるのが行李の技術であり、使い勝手のいいところです。


職人たちは身と蓋の寸法をぎりぎり重なるところで仕上げて作っているため、
しっかり蓋をすると蓋が外しにくい場合があります。
柔らかくしなりがある鈴竹ですので、ぐっと手を入れて引き出してください。

2つのかごと考えた場合は、台所まわりでしたら野菜や果物のストックに、
調味料や乾物等のストックがたっぷり入ります。
リビングや寝室であれば、雑誌や新聞、ブランケット類、
お子さんのおもちゃ類を入れておいてもいいですね。

比較的細長い長方形ですので、部屋の壁や角につけて使うと、
場所をそこまでとらずに使えそうです。
実用的でなおかつ、目でも楽しめるのが編組品(へんそひん)の醍醐味の一つです。


この細身で現代のクローゼットや小さな収納スペースにも使いやすいサイズ、
今一度、行李をご家庭に取り入れてみてはいかがでしょうか。



サイズ/重量
全体寸法:およそ49x25x30cm
身部分:およそ46x23x29cm
蓋部分:およそ49x26x28cm/1400g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 16,000円(税込17,280円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ