竹かごや 市川商店

大分県真竹 あじろ大籠

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた大きな籠です。
真竹のみですべて仕上げています。

「あじろ大籠」という名前の通り、底は同様にすべて磨いたひごを
あじろ編みでぎっちりと編んであります。
底の内側に表皮の方を使っているため、
表面が滑らかで中に入れるものを傷つけにくいです。


裏返して底を見ると6本の力竹がしっかりと刺さっており、
たっぷりのものを入れても心配がない力強さです。


今は途絶えてしまいましたが、
東京都の江戸川区で少し前まで「箱根竹」という篠竹の一種を使って、
「篠崎ざる」というものがありました。このかごはその篠崎ざるのフォルムに似ています。
そのざるは裏っ返して、人が乗っても、ざるが壊れないというのが売り文句にありました。
この裏側の底作りを見るとまさに、その作りをさらに頑丈にしたようなかごと言えます。


縁は巻縁(まきぶち)仕上げと言い、
若くて柔らかい竹をひごにして、すき間なくこちらもきっちりと仕上げられています。
胴部分を編んでいるひごも均等でしっかりと磨き上げられています。


直径が54cmほどと、大きな籠です。
ご家庭ですと何を入れようか、うなってしまいそうです。


しかし、家庭菜園に力を入れてらっしゃる方には、
このくらいのサイズのかごがあってもよさそうです。
たっぷりの食材の収穫ができそうです。

生け花をされる方には、他にはない圧倒的な存在感を
この籠は出してくれますので、おすすめできます。

飲食店や旅館などでは、このようなサイズの美しく頑丈なかごはなかなかありませんので、
たくさんのお客様の目の触れるところに置いておいたり、実用的に使ったりと考え方は様々です。
ぜひ、唯一のかご、お楽しみくださいませ。


<桐山浩実さんの籠づくり>
竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、大分県で籠を作り続けています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。


サイズ/重量
約直径54(底部分38cm角)x高さ15cm/1080g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 60,000円(税込64,800円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
上へ