竹かごや 市川商店

大分県真竹 手付きリビングバスケット

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた
ふっくらとしたフォルムが特徴的なリビングバスケットです。
竹とつづらふじで仕上げています。


縁は同じく磨いた竹を薄くしたものをぐるぐると何重にも巻き、
それをつづらふじで縛って仕上げる、「当縁(あてぶち)仕上げ」です。
その縁の重厚さとつづらふじのコントラストが一つのデザインとなっています。


そして、このかごは何と言っても、このフォルムです。
横から見ても、


縦からも見ても、ふっくらとしています。
かたい真竹を使って、このような形を表現しています。


縁や取っ手との接続は竹釘(たけくぎ)とつづらふじで仕上げられています。
籠全体はきれいに磨き整えられたひごで、しっかりと編まれています。
表面からは艶がでるほどです。


「みがき」の技術の素晴らしいところは、
青い竹が輝くことはさることながら、磨いたことにより、
表面にムラがなくなる為、経年変化する際にきれいに飴色に変わっていくことです。


手で持つ部分にはしっかりとつづらふじの蔓が巻かれています。


膨らみがあるので、たくさんのものが入れられそうです。
容量としては2〜3人分のお弁当等を入れて運ぶことができそうです。

底も筏底(いかだそこ)編みと言って、丈夫な編み方の一つです。
さらに力竹が6本外側には入っていますから、安心してお使いいただけます。


青竹とつづらふじの絶妙な組み合わせ、
丈夫な仕上げ、特徴的なフォルム、
部屋の中で細々したものを入れておいても十分インテリアとして機能しますし、
おでかけの際の荷物入れとしても、この上なく楽しいかごになることと思います。


<桐山浩実さんの籠づくり>
竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、大分県で籠を作り続けています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。


サイズ/重量
約42x23x高さ18(取っ手付き高さ33)cm/840g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 38,000円(税込41,040円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
上へ