竹かごや 市川商店

大分県真竹 買い物籠 細身

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた
買い物かごの細身のタイプです。竹とつづらふじで仕上げています。


全体を丁寧で美しい編みで仕上げています。
取っ手部分と本体をつなげているのは、「竹釘(たけくぎ)」と「つづらふじ」の蔓です。
針金や銅線などを一切使わず、竹とつづらふじのみで仕上げたこのかごは、
自然に生えていたものを加工したとは思えないほどの、洗練された出で立ちをしています。


縁は同じく磨いた竹を平たい面を当てて巻き、つづらふじで縛っています。
当て縁(あてぶち)仕上げという縁のつくり方です。


底は「いかだ底編み」という、籠を作るうえで大変丈夫な編み方です。
大容量にも耐えうる作りになっています。


底の裏側を見ると6本もの力竹(ちからだけ)が差し込まれているので、
地面に置くことや壊れやすい角を心配しなくて済みます。


「みがき」の技術の素晴らしいところは、
青い竹が輝くことはさることながら、磨いたことにより、
表面にムラがなくなる為、経年変化する際にきれいに飴色に変わっていくことです。

この籠のポイントは細身の形です。
マチが薄い、細身ではあるのですが、
横幅が42cmほどありますので、容量としては、十分に入りそうです。


細身でほんの少し高さが低いため、シルエットがすごくかわいらしいです。
その一方、容量はしっかりあり、横に長いため、長尺の野菜類も入れやすそうです。
竹でありながら、面取りもしっかりとされていて、
衣服をあまり気にしすぎず、使えそうです。
また、家庭内においても、収納兼インテリアとしても楽しめそうです。


<桐山浩実さんの籠づくり>
竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、大分県で籠を作り続けています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。


サイズ/重量
約42x19x高さ21(取っ手付き高さ36)cm/750g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 30,000円(税込32,400円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ