竹かごや 市川商店

山形県くるみ 幌(ほろ)付き 手提げ

東北地方の中でも南東北の西側、日本海に面する山形県。
その山形県の南部は、海には接しておらず、内陸に位置しています。
山が連なり、その山間に町が形成されてきました。
町のほとんどの面積を山が占めているような地域では、
冬になると雪も多く、農家の冬仕事として樹皮細工や蔓細工の文化が育まれてきました。

一方、その土地の文化を踏襲しながら、
また、世界の様々な土地で作られるかご文化を取り入れつつ、
新しい感覚でかごを作り続ける人もいます。
ノスタルジックでいて、野趣あふれる独特の感性から作られる、
様々な造形のかごは不思議と気品をも感じさせてくれます。

その中でもこちらはくるみの樹皮を使った幌(ほろ)が両サイドについた手提げです。


かご全体はくるみの樹皮の表皮を外側ににして、シンプルに縦横で編んでいます。
あえてぎっちりと編みすぎず、手仕事の余白を出しています。


幌(ほろ)とは、馬車の人が乗るところの屋根のようなものを
ご想像いただけるとわかりやすい思います。
かごの本体に幌がついているような形を作っています。


かごの両サイドから幌が出ていて、
幌の根元や縁部分の芯材にはあけび蔓が使われています。


取っ手と本体はあけび蔓を組み合わせて取り付けていて、
取っ手自体はあけび蔓を芯材にして、
くるみの樹皮の表皮が外側になるよう、巻きつけています。

底はざっくりと四ツ目編みですが、
くるみの樹皮は昔から山仕事で使われていたほど丈夫な材ですので、
手提げに入れて持ち運ぶほどの荷物量であれば、心配ありません。


新しく作られているはずなのに、
このかごは、もう何年も遠くかなたの街並みを旅してきたかのような佇まいです。
ぜひ、このかごと新たな旅、出かけてみてください。


<kegoya(木小屋)のかご作り>
山形県南部の方言で作業小屋を指すこの言葉を屋号に掲げ、
再生しやすいあけび蔓やくるみの樹皮をメインに使って、
日用品としてのかごを作り続けている熊谷茜さん。

「編みたての古かご」という、作りたてなのにどこか味のあるかごの数々。
傷や風合いは山育ちの表情とし、ざっくり感で手仕事の痕跡を示します。
見たことのない造形や仕上げを研究し続け、また、生み出していながら、
現代の暮らしにもいつの間にか馴染んでしまうのが、kegoyaのかごです。


サイズ/重量
およそ横30x奥行18cm
   高さ:低いところ19cm
      高いところ26cm
      取っ手付き高さ34cm/400g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 42,500円(税込45,900円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ