竹かごや 市川商店

岩手県くるみ 手提 表皮平織 36cm

北海道に次ぐ面積の広さで、竹に限らず、
ぶどう蔓やくるみの樹皮等、様々な素材が採取できる岩手県において、
それを細工する人々がいます。

県内全域で良質な材を自ら選別し、採取しています。
編み始める前の手間を惜しまないことと、
独自のデザイン性とかごに至るまでのアプローチで
他の手提げとはあらゆる面で一線を画していると言えます。

こちらはその中でも沢胡桃(サワグルミ)の樹皮を使用した手提げです。

くるみの樹皮を幅広く裂き、表皮を外側にして、大胆に編み上げています。
何とその幅4cm強です。真竹やあけび蔓など他の素材ではできない
くるみの樹皮にのみ許された幅と言ってもいいほどの広い幅です。


縁や持ち手、接続部分も、表皮を外側に統一して編んでいます。
持ち手の芯にはあけび蔓が使われています。
縁のすぐ下の細いステッチのみ、裏皮を外側にして2列編んでいます。
この2列があることで、全体がしまって見えます。


何と言ってもこのかごはこの幅広の表皮の美しさです。
くるみの樹皮だからできるこの幅と言っても、この幅を美しく見せるのは簡単ではありません。
しっかりと編む前に下準備をすることで、
丸まってしまう樹皮を美しいまま編むことができています。


内側に表皮同様、大変きれいな裏皮が見られます。


くるみの樹皮も人の手でなでることで、脂がついてつやを増します。
横幅36cm程度とA4サイズの紙を横にしても、余裕のあるサイズです。
高さは同様にA4サイズの紙が少し出る程度で、
持ち手も十分な高さがありますので、A4サイズの書類等を入れても手に当たることはありません。

表皮の色が明るく、ぎっちりと編み目も詰まりすぎていないため、軽やかに見えます。
また、編み目の数を数えてみると、横に7つ、縦に3つというバランスで、
少し浅めに作られているのも、ポイントです。

浅めの手提げはシルエットが特徴的で愛嬌があります。
中のものが心配という方は、あずま袋や布類をあしらってもいいですね。



サイズ/重量
約36x16x高さ18(取っ手付き高さ33)cm/520g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 45,000円(税込48,600円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
上へ