竹かごや 市川商店

大分県真竹&ひのき 盛りかご

大分県には日本で今やほとんどなくなってしまった
竹職人を育成する機関「竹工芸・訓練支援センター」があります。
別府市が竹細工では昔から有名で、数多くの職人がこの地から、
竹の世界へ飛び込んでいます。

今やこの訓練支援センターで勉強される方は多岐にわたり、
元々は竹細工ではなく別の仕事に従事されていた方もいらっしゃいます。

こちらは元々、木工の仕事をされていて、
現在は竹細工と木工のご経験を生かしたものづくりをされている
中村さとみさんが作った「竹と木の盛りかご」です。
竹は青い真竹を天日干しや煮ることで色を抜いた白竹、
木の材料は檜(ひのき)を使っています。


当然のことではありますが、竹だけで作り上げたかごとは、
異なる形であり、風合いであり、アプローチをしています。
しかし、同時に両方の素材の長所をしっかりと生かしているかごとも言えます。

竹は細いひごにすることで柔らかく、しなやかなラインを描くことができます。
また、それを編むことで平面や立体を作り出すことができます。


真横から見ると、竹ひごから作られる立体的な造形がよくわかります。


ヒノキ材は空洞や節のある竹と違い、厚みのある直線的な形を表現できます。
そのヒノキ材を縁に使っています。
サンドペーパーとオイルで仕上げたヒノキは手当たりも柔らかく、
どこかホッとさせてくれるところもあります。


ヒノキとヒノキの重なるところはかみ合わせて、組んでいます。


底にはくっきりとかたどった力竹が二本入っています。


竹のひごはヒノキのくぼみに織り込みながら、
少量のボンドで留めています。
また、真鍮の釘も使っていますが、裏側には釘の先が出ないように工夫もされています。


かごの内部の大きさは19x23cm程度です。
果物やパンやお菓子を持っておくのに、ちょうどいい大きさです。
豆皿や小鉢におかずを入れて、プレートのようにして、
食卓に並べてみるのも素敵です。


もちろん、カウンターや棚の上に置き、小物入れとしてお使いいただいても、
テーブルの上でリモコンなどを置いておいてもよさそうです。
部屋の中で見た目にも楽しい空間をこのかごは演出してくれそうです。



サイズ/重量
約30x24x高さ7cm
 かご部分内寸約19x23cm/200g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 8,500円(税込9,180円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
上へ