竹かごや 市川商店

長野県根曲竹 深ざる 八寸(25cm) 内側総表皮

戸隠の根曲竹のざると言うと、やはりそばを盛る「そばざる」が有名です。
平たいタイプのざるが今も生産数、出荷数が一番多いですが、
こちらのような深いざるも昔からあります。

こちらはその中でもの八寸サイズ(直径25cm程度)です。
シンクで使うにも、取り回しのしやすいサイズです。


小深いざるの良いところは、
1つ台所にあれば、何にでも使えるということです。
実際、戸隠においてもこのようなざるは台所回りで
出番が多いざるだったとのことです。

こちらのざるを見てみると、
つるつるした竹の表皮が全て内側に来るように編んでいます。


こうすることで、水をはじく表皮からは水がどんどんと切れていきます。
また、表皮はささくれなどが起きにくいため、食材や手指を傷める心配が少ないです。

深くなっていますが、ざるとしての工程は平たいざるととても似ています。
真ん中のあじろ底編みという技法から、ざる作りは始まります。
(ざるの中心の編み目部分にほんの小さい穴の跡がありますが、
 職人さんがざるを束ねて持ってくる際に針金を通した跡です。)


縁もきっちりと巻かれています。


戸隠においては、味噌こしに使い、こしあん作りのあんこしに使い、
洗ったお米の水切りに使い、野菜や果物を洗うざるとしても使う、
というようにとても汎用性の高いものでした。

そして、この汎用性の高さは現代においても、変わらないのではないかと考えます。
台所で野菜を洗ったり、ゆでた野菜や麺類の湯切りをしたり、
洗ったお米の水切りに使ったりと。たくさんの仕事をしてくれるに違いありません。
水回りでなくても、野菜や果物を入れておくだけでも雰囲気よさそうです。


<長野県戸隠の根曲竹細工>
江戸時代初期から戸隠中社地区の人々の生活の糧として始まりました。
平地が少なく水田がない戸隠においては竹が年貢として特例で認められるほど、
暮らしと竹が密接に関わりあっていました。
明治時代から昭和中期にかけては養蚕業に隆盛に伴い、
蚕籠(かいごかご)等の需要が高まり、生産量、職人数ともに最盛期を迎えました。

国有林から伐採の権利を借りて、材料採取は行われており、
大切な資源保護のため、春のタケノコの時期には乱獲されないよう「筍番」を
竹細工生産組合の組合員が交代で行っています。

そうした採取された根曲竹を表面を磨き、四つ割りされ、皮と身を分けてひごにします。
びく、ざる、目かご(茶碗かご)、箕の4つが代表的な細工とされています。
仕上がりの美しさと丈夫さ、そして根曲竹独特の温もりを感じる実用品の数々は、
現代でも広く愛用されており、色味などが経年変化をする楽しみも味わうことができます。


サイズ/重量
直径約25x高さ8cm/150g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 11,000円(税込11,880円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
上へ