竹かごや 市川商店

長野県根曲竹 かばんかご(手提げ) 大 特上

長野県戸隠で使われる根曲竹細工は、
ざる、びく、目かご(茶碗かご)、箕(み)の4つを代表的な細工としています。

それ以外にも上記の4種類の技術を応用して
毎日生活の中で使う道具もたくさんの種類が作られました。

その中でも茶碗かごと同じ技法を使って編まれ、
それに持ち手を付けた底上げの手提げのこちらは一番大きな大サイズです。
産地ではかばんかごや買い物かごとも呼ばれています。

そしてさらに、そのかばんかごの中でも、
ひごを細くし、薄くして、細やかで丁寧な仕上げにしたものがこちらです。


昔ながらのかばんかごは、どちらかというと、
ひごも厚めで幅ももう少し広く、無骨でがっちりとした作りです。
作る工程は変わらないですし、同じ造形を作っているのですが、
ここまで雰囲気が変わるものかと驚かされます。

通常のかばんかごが二本の根曲竹を交差させて、留めるのに対して、
こちらの特上タイプは交差させずに、真ん中で縛って留めています。


持ち手とかごの接続部分もこのように根曲竹のみで、がっちりと留められています。
かごの口の部分から、底の部分までしっかりと留められていますから、
取っ手のぐらつきは全くありません。


規則的で細やかな編み目がきっちりと続きます。


縁巻きも芯材も根曲竹のみで、編み目に合わせて
リズムよく、留められています。


底には井桁(いげた)のように4本の力竹が入っています。


かご部分の長い方の幅はA4サイズを横にしても少し余るくらいです。
かご部分の奥行きは一番広いところでA4の短辺と同じくらいです。
高さはA4サイズを縦にすると、半分ほどが隠れます。


部屋の中で、雑誌や新聞入れとしてもいいですし、
おでかけのお供にしても、いいと思います。

ひごを薄く、また細くしている分、軽くなっています。
通常のかばんかごより、フォルムとしてもふっくらとしており、
落ち着いた柔らかみのある上品な佇まいです。


<長野県戸隠の根曲竹細工>
江戸時代初期から戸隠中社地区の人々の生活の糧として始まりました。
平地が少なく水田がない戸隠においては竹が年貢として特例で認められるほど、
暮らしと竹が密接に関わりあっていました。
明治時代から昭和中期にかけては養蚕業に隆盛に伴い、
蚕籠(かいごかご)等の需要が高まり、生産量、職人数ともに最盛期を迎えました。

国有林から伐採の権利を借りて、材料採取は行われており、
大切な資源保護のため、春のタケノコの時期には乱獲されないよう「筍番」を
竹細工生産組合の組合員が交代で行っています。

そうした採取された根曲竹を表面を磨き、四つ割りされ、皮と身を分けてひごにします。
びく、ざる、目かご(茶碗かご)、箕の4つが代表的な細工とされています。
仕上がりの美しさと丈夫さ、そして根曲竹独特の温もりを感じる実用品の数々は、
現代でも広く愛用されており、色味などが経年変化をする楽しみも味わうことができます。


サイズ/重量
直径約40x26x高さ21(取っ手付き高さ44)cm/かご部分の高さ18cm/360g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 25,000円(税込27,000円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ