竹かごや 市川商店

長野県根曲竹 ちりかご(茶縁)

長野県戸隠で使われる根曲竹細工は、
ざる、びく、目かご(茶碗かご)、箕(み)の4つを代表的な細工としています。

それ以外にも上記の4種類の技術を応用して
毎日生活の中で使う道具もたくさんの種類が作られました。

その中でも茶碗かごと同じ技法を使って編まれ、
円柱型で高さを出した底上げのちりかごです。


さらにこちらは縁巻きの竹を茶色くしています。


昔から戸隠においては、根曲竹を燻して茶色くしたひごを使って巻かれることがありました。
こちらは燻しではなく、草木染めをして色を付けています。
新しい竹でなく、少し時間がたった竹のほうがよく染まるようです。

底上げということで、下の通気性が保たれているのは、
床との接着面が少ないので、安心感がありますね。
力竹(ちからだけ)も2本通っています。


編み目は同じ戸隠で作られる茶碗かごやかばんかごと同じで、
比較的目が詰まった編み方ですので、中のものも見えにくいです。


このシンプルな円柱型の根曲竹で作られたちりかごは、
リビングや部屋の中にあっても、目にも楽しいです。
また、かご自体は軽いので、片手で楽に移動できます。


少し長めのポスター類や新聞・雑誌類の収納としてもいいですし、
乾いた紙くず類を入れるくずかごとして使っていただいてもいいと思います。
ちょっとアクセントになった茶縁の色味も、ぜひお楽しみくださいませ。


<長野県戸隠の根曲竹細工>
江戸時代初期から戸隠中社地区の人々の生活の糧として始まりました。
平地が少なく水田がない戸隠においては竹が年貢として特例で認められるほど、
暮らしと竹が密接に関わりあっていました。
明治時代から昭和中期にかけては養蚕業に隆盛に伴い、
蚕籠(かいごかご)等の需要が高まり、生産量、職人数ともに最盛期を迎えました。

国有林から伐採の権利を借りて、材料採取は行われており、
大切な資源保護のため、春のタケノコの時期には乱獲されないよう「筍番」を
竹細工生産組合の組合員が交代で行っています。

そうした採取された根曲竹を表面を磨き、四つ割りされ、皮と身を分けてひごにします。
びく、ざる、目かご(茶碗かご)、箕の4つが代表的な細工とされています。
仕上がりの美しさと丈夫さ、そして根曲竹独特の温もりを感じる実用品の数々は、
現代でも広く愛用されており、色味などが経年変化をする楽しみも味わうことができます。


サイズ/重量
直径約27x高さ29cm/かご部分の高さ24cm/360g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 11,000円(税込11,880円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
上へ