竹かごや 市川商店

青森県あけび 丸かご 浅(果物盛りかご)

青森県の岩木山周辺からは良質なあけび蔓やぶどう蔓も採取できるため、
この土地では古くからそれらの材料を使用した細工も盛んでした。

県内の三内丸山遺跡では縄文時代に編まれたとされる
ぶどう蔓のような素材で編まれたあじろ編みのかごが見つかったほどです。
人々が古来より自然の素材を巧みに暮らしの道具にしていたことがわかります。

あけび蔓も手提げ類に限らず、その細工の多様さやかつての生産量、
他県の職人たちへの普及活動などのお話を伺うと、
あけび蔓細工の日本における最大規模の産地だったことがわかります。

こちらはそのあけび蔓を使った浅い丸かごです。


全体的にはさっぱりとしたシンプルな作りです。
胴部分は産地で言う並編み(なみあみ)という規則的な編み方で、編み上げています。
縁部分は編み方を変えています。また、2重に縁づくりをしており、
丈夫さを増しています。


底づくりもあけび蔓細工でよく用いられる編み方で、
放射状に蔓を組んで、そこにぐるぐると蔓を巻き付けています。
これだけしっかりと巻き付けていれば、そう簡単に底が抜けることはありません。
大きなかごにも使われる編み方ですから、
この浅いかごであれば、十分すぎるほどの作りと言えます。


産地では、「おぼき」という言葉で呼ばれているかごです。
岩手県でも「おぼけ」というかごがありますが、
室内で裁縫道具等を入れていたかごを指します。
こちらは少し浅いですが、このかごのもう少し深いものは
産地で元々そういった裁縫で使う細々としたものを入れていた
道具かごだったかもしれません。


他の樹皮細工や蔓細工も同様ですが、
あけび蔓細工においても、しっかりとした価格がはる手提げを作る方が多く、
このような置きかごを作る方は大変少ないです。

また、こういったシンプルな技法や造形のものほど、
プラスティック等の他素材にとって代わられています。
簡単にこのような言葉を使いたくはないですが、
現実的には今や貴重な品となっています。

果物入れや小物入れとして、使い勝手よさそうです。
あけび蔓細工のかごには、色とりどりの果物を入れると、
どの色にもとても相性がよく見ているだけで楽しい気持ちにになります。

ぜひ、たっぷりの果物、盛ってみてください。



サイズ/重量
直径約31x高さ9cm/390g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 13,000円(税込14,040円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
上へ