竹かごや 市川商店

茨城県真竹 塩かご 横長

大相撲をご覧になったことがあれば、
塩をまく力士の姿がすぐにご想像いただけると思います。
その力士は塩を竹で作られた「塩かご」から、手に取り、土俵にまきます。

その長く続いてきた伝統文化のまさに一端を担っている
その塩かごの職人に丈夫な作りはそのままに、
横の寸法を引き伸ばしてもらった竹かごです。


昔の寸法で七寸(約21cm)×尺(約30cm)の長方形で高さは10cm程度。


大相撲でも使われる塩かごのつくりは、
小さいかごとはいえ、丈夫さに重きがおかれている作りです。


きっちりとした編み目はもちろんですが、
かごの大きさに対して、縁のひごも厚めに、幅も広くとられていますし、
縁の上にもう一つ細い竹がぐるりと回されていて、
そこに籐がすき間なく、ぎっちりとまかれています。


さらに縁を持った時、重さで抜けないように、
各面に二本ずつ籐が底を回って吊ってあります。
かごやざるにおいて壊れやすい縁がへたりにくい作りです。


長四角のこの形は、パスタやうどん、
そばにそうめんなどを横置きでストックできたり、
キッチン周辺の出汁や乾物類を並べて入れたり、
にんじん、玉ねぎ、じゃがいも等の根菜類をごろごろ入れて置いたりするのに
大活躍してくれます。泥や砂が気になる場合は新聞紙などを敷くといいですよ。


タオル類を並べて収納しておくのもいいですし、
ちょっと重さがある金づちやドライバー類、ペンチなども入れられます。

日本伝統文化を支える塩かごにルーツを持つ、
丈夫で長四角のこのかご、使い勝手の良さを体感してみてください。


<茨城県の竹職人>
茨城県には熟練の竹職人がまだ数人残っており、
後進の育成をしつつ、現在も仕事に取り組んでらっしゃいます。

かつて、竹製品が当然のように暮らしの道具であった時代に、
親御さんから受け継いだ方もいらっしゃれば、
東京の竹工所などでお仕事をされ、技術を磨いた方も多くいらっしゃいました。

昔ながらの職人気質が残っていながらも、
気優しい方が多く、弊店も大変お世話になっております。
そんな昔の職人さんは基本的には「何でも」作れる方が多く、
荒物から竹工芸まで竹細工の様々な「モノの作り方」をご存知です。


サイズ/重量
約21x30x高さ10cm/320g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 13,000円(税込14,040円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ