竹かごや 市川商店

愛媛県白竹 二重六つ目 丸椀かご

かつて伊予(いよ)の国と言われた愛媛県は、
現在も南予、中予、東予と大きく3地区としてとらえることが多く、
竹細工に関しては、南予エリアに位置する大洲市周辺の竹がよく使われています。

道後温泉を有する松山市周辺(中予エリア)においては
お風呂道具を入れる「湯かご」が有名です。
しかし、昔からあったいわゆる伊予竹細工や伊予竹工芸と言われるものは、
昨今はなかなか見られなくなってしまいました。

その代わりに新しい世代が大分県別府の訓練センターで竹細工を学び、
地元の愛媛県、ひいては四国全体の竹細工を盛り上げようと
日々、活動しています。
そんな志のある職人が作るかごは、頼りがいのある仕上がりです。

こちらは白竹で作られた、目を見張るようなおもしろい編み目の椀かごです。


青い真竹を、煮たり、天日干しすることで、油分や水分を抜くと、
色も黄色く変化します。これを青い竹に対して、白竹と呼んでいます。
こうすることで、色味が整い、虫の被害が減り、材料の竹がしまります。

一見、無造作に編まれているように見えますが
よく見ていただくと、六角形を作る六つ目編みをベースとして、
さらにその中にもう一つ六角形を作っています。


幅広く、また肉厚に取られたひごでがっちり編んでいます。
六つ目編み×六つ目編みということで、二重六つ目と呼ぶことにしました。
椀かごという用途のかごにおいては、とても珍しい編み方で、
乱れ編みのように見えるところがおもしろいです。

縁巻きは白竹を横に当て、何週か巻いた後、それを籐(とう)で縛るシンプルな仕上げです。


底上げをしてあるため、かごの下は通気します。


編み目は大きめですが、底部分には力竹(ちからだけ)と言って、
補強の竹が2本セットで三角形に計6本も入っているので、
強度は心配ありません。


1つ1つがしっかりと厚みがあって重さのある陶器や、
厚みのあるガラスの器でも、しっかりと受け止めてくれます。

真竹というだけでも、十分がっちりした印象になりますが、
このかごは、ひごの厚みや幅がしっかりと取られていますので、
さらにその印象を強めています。

直径30cmほどでかごの部分の高さは12cm程度です。
少し深さがありますので、直径が20cm程度の器であれば、立てかけられそうです。

3,4人分の茶碗やお椀を伏せておくのに十分な大きさです。
水分の多い果物類や重さのある根菜類も心配なく支えてくれます。

「がしがし使う」、そんな言葉がなんだか似合ってしまうかごです。



サイズ/重量
直径約30x高さ14(かご部分高さ12)cm/400g


天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 16,000円(税込17,280円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ