竹かごや 市川商店

愛媛県女竹 足付き果物かご(菓子入れ)

愛媛県の女竹(めだけ)を使って作られるざるの数々、
実は宮城県の篠竹細工の技術を使って作られています。

数年間、宮城県の篠竹細工における「ざるづくり」の技術を学び、
材料を篠竹から地場で採れる女竹(めだけ)に変えて、
微調整しながら、いわゆる宮城式のざるやかごを作っています。

ざるづくりの技術においては、
日本屈指の宮城県篠竹細工の生産量が高齢化により激減していく中、
違う場所とはいえ、このように精力的にその技術を継承していることは
現状を考えると、とても尊い活動をされていると思います。

大分県の別府にある訓練センターで大分県や九州の竹細工を学び、
その後、地元に戻り、主に白竹を使って細工をする方は、
よく見られるようになりました。

しかし、このように東北地方における竹細工の技術を学び、
他の土地でその技術を継承して作るという方は、
材料採取の面からも難しいことは必至で、とても珍しい例と言えます。

こちらはその技術を使って作られた、足付きの果物かごです。
元々はこれに蓋がついたものを宮城県では菓子入れかごとしていました。


縁の芯材には真竹を使用し、縁巻きには女竹が使われています。
そしてなんといっても、このキュッとくびれた形が美しいです。


浅めのざるを作った後に、その底部分にひごを指し足して、
足をつけています。下に接地するところはしっかりと縁づくりをしています。


台所まわりで使うことを想定したざる類と違い、
横からの見た目を重視してるのか、こちらのかごは、
外側に艶のある表皮がくるように編んでいます。

とはいえ、内側も十分美しく編み模様です。


果物かごやお菓子入れとして、ちょうどよいサイズです。
みかんですと、サイズにもよりますが、5、6個は乗せられそうです。

このような高台がついたかごは手間がかかるため、
なかなかたくさん生産するものではありませんが、
やはり、他にはない魅力がありますよね。

置いてあるだけで、一つの空間を作り出してくれる、
そんな不思議な力のあるかごです。



サイズ/重量
直径約22x全体の高さ9cm(かご部分の高さ5cm)
  高台部分の直径約16cmx高さ4cm/80g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 12,000円(税込12,960円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ