竹かごや 市川商店

大分県真竹 手つき果物かご

大分県の竹細工は、九州地方に豊富に生えている真竹を使用することが多いです。
青い竹を火で炙ったり、煮たり、または天日干しをしたりして
油分や色を抜いた白い竹で作る「白竹細工」と言われるものも有名ですが、
こちらは自然そのままの色の青竹を使用しています。

その青い竹の表皮を薄く削る「磨き」の手法も縁や持ち手に使い、仕上げられています。
皮をそのまま使うよりも、薄く剥いだ方が全体の色がそろい、きれいです。
また、経年変化による色の変化も皮付きより深く入っていきます。

青竹細工というと凛として、力強い雰囲気のものが多くありますが、
こちらの職人さんが作るものは、お人柄が出ているのか、
丁寧で、どこか優しい雰囲気のかごに仕上がっています。

こちらはその青竹で作られた手つきの果物かごです。


かご部分は表皮がついたままで、縁部分と取っ手は「磨き」の手法です。
表皮がついた状態で、ここまできれいな色でそろっていますから、
汚れや傷のない材料を伐採し、丁寧に保管し、選んで使っていることがわかります。


取っ手とかご部分をつなぐところには、
竹釘(たけくぎ)を打ち、ツヅラフジの蔓で縛り上げています。

縁は巻縁(まきぶち)仕上げと言い、
若くて柔らかい竹をきっちりと巻き付けています。
写真からでも艶が出ているのがわかります。


底作りはは菊の花のように見えることから、
菊底(きくぞこ)編みと呼ばれる手法で作っています。


また、通常の菊底編みよりもひごの本数を増やしていますので、
底にあまりすき間なく、また、縦骨の本数も増えますので、
かごとして丈夫に仕上がっています。


昔から大分県によくあった形のかごとのことで、
なじみのある方も多いかもしれません。それが納得できるサイズ感です。
果物を盛ってよし、根菜を入れてよし、収穫かごとしてもちょうど良いです。

取っ手があることで、片方の縁だけを持つことなく、
バランスよくかごを持ち上げられるので、かご自体が長持ちすると思います。
果物を入れて、台所まわりから、テーブルのほうへ。
庭から台所へも、さらりとした持ち手で自由に持ち運びできます。
使い勝手の良いサイズのこのかごに、いろいろなものぜひ盛ってみてください。



サイズ/重量
約直径28x高さ18cm(取っ手付き高さ24cm)/230g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 10,000円(税込10,800円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ