竹かごや 市川商店

大分県オカメザサ 椀かご

大分県も内陸に入っていくと、地域によっては雪も舞うほど寒くなることもあります。
そんな様々な環境を持ち合わせる大分県には
かごを編むのに使う、様々な材が採取できるようです。

大分県といえば、別府市を中心とした
真竹を使った青竹細工、白竹細工が盛んです。

2つの竹細工に共通していることは竹細工に適した太い真竹を割っていき、
内側の肉を剥ぎ、薄くし、幅をそろえるなどして、表皮や表皮に近い部分を
竹細工の材料であるひごにしてから編むということです。

しかし、中には上記と違う工程で作るかごもあります。
こちらは、オカメザサ(阿亀笹)という細い竹を使って編まれた椀かごです。
別名ブンゴザサとも呼ばれています。


オカメザサのかごの特徴は何と言っても、
竹を割るなどのひご作りをしていないことです。
竹細工は普通は、竹を割り、内側の肉を剥ぎ、幅をそろえるなどの
編むための「ひご」を作る工程があります。

しかし、こちらは節から出ている葉っぱを落とし、
太さなどをそろえて、編み始めるのです。


とても細い竹を割らないで編むわけですから、
かごの外側も内側も全て表皮なので、水をはじきます。


他の椀かごをご紹介するときにはいつもお客様にお伝えするのが、
「竹の内側に水がしみ込みますから、気を付けてくださいね。」
ということです。
ひごにした竹で作られた椀かごの場合、
内側の繊維があるほうに水がしみ込み、
乾ききらずにカビなどの黒ずみが出ることが多いです。

しかし、こちらはかごの内側も表皮ですから、
多少の水をまとってもはじいてくれるわけです。


さらに底上げになっていますから、通気もいいです。


もちろん、底から立ち上げたり、折り返したりするところでは、
竹の繊維部分が出ているところがあります。
そのため、びしゃびしゃの状態のものを置くときに油断はできませんが、
日本にある植物の中で、ここまで椀かごに適した材は他にないかもしれません。

とても細いですが、竹は竹です。
その竹を丸のまま、編んでいるので、もちろんがっちりとしています。
3、4人分の洗いあげた食器や、ちょっとした脱衣かごや衣類かごにちょうど良いです。

お風呂屋さんなどでよく見た編み模様に、新鮮さの残る青み、
丸ごとの竹のかご、しなやかな触り心地もぜひお楽しみください。


<オカメザサについて>
ササと名乗っていますが、イネ科に属する日本特産の小型のタケのことを言います。
タケとササは生物学的には別物で、
さらに東南アジアなどに生えているものはバンブーと呼ばれています。
同じようですが、タケ、ササ、バンブーと大きく3つに分けられています。
簡単な見分け方は皮が落ちるのがタケ、皮が残るのがササです。
バンブーは一か所からたくさん出るいわゆる、株立ちするのが大きな特徴です。

高さは1,2mほどと、竹の中では背の低いものなので、通称ササの名で呼ばれています。
そして、この和名の由来は東京の鷲(おおとり)神社で11月に行われる酉(とり)の市で、
オカメザサの茎に「おかめ」の面をつるしたことによるそうです。

関東から沖縄まで広い範囲で生えていますが、自生しているものは少なく、
ほとんどが栽培されたものということです。
造園などで地表を覆うためにもよく使われています。


サイズ/重量
約直径35x高さ20cm(かご部分の高さ13cm)/540g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 12,000円(税込12,960円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ