竹かごや 市川商店

香川県白竹 菱目小物入れ

四国に限らず、日本全国でも一番面積が小さい県である香川県。
北の瀬戸内海から讃岐平野を経て、南の讃岐山脈へと
面積が小さいことを感じさせない豊かな環境がそこにあります。

その環境のなかで竹細工や箕作りも、他県同様行われていました。
現在、香川県で生業としての竹細工に関わる方はほとんどいなくなっていましたが、
また新たに竹の世界へ飛び込み、熱心に腕を磨き続けている方もいます。

こちらは白竹で作られた小物入れです。


青い真竹を、煮たり、天日干しすることで、油分や水分を抜くと、
色も黄色く変化します。これを青い竹に対して、白竹と呼んでいます。

こうすることで、色味が整い、虫の被害が減り、材料の竹がしまります。
その白竹を使い、菱型を作る菱目(ひしめ)編みという編み方で、全体を編み上げています。


縁巻きは白竹をぐるぐると巻き、それを籐(とう)で、縛って留めています。


短辺の幅は20cm程度と大人が手のひらを広げた程度の大きさです。
取り回しのしやすいサイズ感です。


底を見てみると、力竹(ちからだけ)が十字に入っていて底を補強しています。
さらに、濃い茶色に見える部分は、竹の節です。
節を底に集めることで、横から見たときに美しく見えるようにしています。


ただし、角度のきつい四隅にかかる2本のひごの節は、
底ではなく、側面にずらしています。
竹の節の特性をよく理解されていて、長持ちするよう考えられた作りと言えます。

リビングのカウンター上やテーブルまわりで散らばりがちな小物を入れるには
大きすぎず、ちょうどよい大きさです。
キッチンまわりでも調味料や嗜好品、乾物類のストック入れとしてもいいですね。


横から見たときに節がほとんど見えないうえ、ひごも薄めですので、
すっきりと洗練された印象を受けます。
和風・洋風問わず、現代風の部屋にもこのかごがマッチすることは間違いありません。
目や手の届くところでお使いいただければ幸いです。



サイズ/重量
約27x20x高さ10cm/120g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 11,000円(税込11,880円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
上へ