竹かごや 市川商店

山梨県鈴竹 米とぎざる(甲州ざる) 小 三合用

400年前の江戸時代初期から続く、山梨県の鈴竹細工。
鈴竹細工と言えば、岩手県の鈴竹も歴史が古く、有名ですね。

同じ「鈴竹」を使っているとはいえ、
ところ変われば、さまざまな違いがあり、
それぞれが脈々と受け継がれてきています。

こちらの鈴竹は富士山麓のおよそ2合目あたりの鈴竹を使っています。
岩手県鈴竹細工は秋から冬にかけて材料を取りますが、
こちらは一年中材料が取れます。

色味も岩手県の鈴竹は黄色が強く出てきますが、
こちらは優しい緑色をした色味が徐々に薄い飴色に変わっていきます。
ヒゴの取り方も山梨県のほうが岩手県に比べて細くなっています。

こういった地域による、色味の違いや使い方の違いはとても興味深いです。
岩手県鈴竹細工のざるやかごをお持ちの方はぜひこちらもお試しいただき、
風合いの違いを感じてみてください。


こちらの「米研ぎざる」は小サイズで、お米が3合ほど入ります。
岩手県鈴竹細工では「米研ぎざる」というざるは見られません。

米研ぎざると言えば、宮城県の篠竹細工が思い出されますが、
こちら山梨県のものも素敵ですよ。
編み目は細かいですが、水切りは抜群です。


宮城県篠竹の米研ぎざるよりは若干柔らかめですが、
底に十字に力竹を通してあるので、安心感があります。
宮城県篠竹細工も一升用のサイズからは力竹が入ってきますが、
山梨県の方では、3合用や5合用サイズにもこの力竹が入っています。


もちろん、このサイズのざるは米研ぎ用だけでなく、
料理の仕込みでの野菜の水切りや、麺の湯切り、
キッチンまわりでは大活躍してくれる毎日使いのざるです。
もう一回り小さいともう一回り大きいサイズもございます。
ぜひ、どんどんと使い込んでいってくださいね。



サイズ/重量
約直径21cmx高さ10cm/100g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 5,300円(税込5,724円)

こちらも合わせてご覧になっている方が多いです

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ