竹かごや 市川商店

新潟県篠竹 しちなりかご 中

新潟県佐渡島では、良質な竹が取れたため、
竹製品作りが盛んになりました。

佐渡市が発表するものでは、弥生時代の遺跡から竹ざるが発見されたとのこと。
記録によると200年以上前から佐渡島から島外へ竹製品を出荷していたそうです。

その竹の種類は、真竹や孟宗竹といった太く立派な竹はもちろんのこと、
見た目は笹に近いような細い竹もたくさん生えています。

このしちなりかごの胴部分の材料になる篠竹(しのたけ)は、
しなやかで加工がしやすい為、よく竹細工に使われています。


縁部分の白く柔らかい竹は産地で「メグロ竹」と言われています。
篠竹よりももう少し太く、身が厚くて弾力があるため、
壊れやすく、かつ一番人の手に触る部分に使用しています。
丈夫に編みこんでいく矢筈(やはず)巻で仕上げてあります。


しちなりかごは「七成篭」と書きます。
海や川では魚や貝類に海藻を採ったり、山や野原ではキノコ類や山菜など、
家の中でも、小物入れにしたりなどと七通りもの使い方ができるため、
このような名前がついたそうです。いわば万能かごというところでしょうか。

そのしちなりかごのこちらは小さいサイズ(写真左)です。
ひと回り大きい「しちなりかご 大」(写真右)もございます。


紐を通して、腰に付けられるよう、
このように上部は編み目を荒くしています。
デザイン的にもアクセントになっています。
また、胴の部分も、途中で外側になるのを竹の表皮から、
内側の肉部分に変えるなど、細かい職人の遊び心が入っています。


現代においては室内で履物入れや、道具入れ、野菜収納、タオル入れ等
新しい「七成かご」としての使い方でも親しまれています。


サイズ/重量
約25x23x高さ15cm/220g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 5,000円(税込5,400円)

こちらも合わせてご覧になっている方が多いです

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

営業時間 11:00〜17:00
営業日 金・土曜の2日間
定休日 日・月曜・祝日
    (仕入等により不定休有)
※火・水・木曜日は店舗休業日ですが、
スタッフはお店にいます。
お電話やメール等のお問い合わせ、
承ります。
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
上へ