竹かごや 市川商店

宮城県篠竹 米とぎざる 中 一升用

宮城県の竹細工といえば、伝統的な細い篠竹を使った竹細工が有名です。
こちらはその中でも、少し大きめなサイズの米とぎざるです。
お米一升程度を研ぐのに合わせて作られています。

一升と言うと、大きなざるをイメージされるかもしれませんが、
直径は30cmほどです。

お米だけでなく豆類を洗うのにもよく使われています。
水切れ、編み目の丁寧さは大きくなっても変わりません。
つるつるした表皮を内側にして編み込んでありますので、
お米や食材のみならず、手も傷つけにくいです。


篠竹の肉部分が外側に来るように編まれています。


底をあじろ編みから立ち上げていくのは、篠竹細工でよくある技法です。
底の中心に二本ずつあるヒゴの本数から産地では「十二本ざる」と呼ばれています。


深さがありますので、お米以外にも、
茹でた葉物野菜や、麺類の揚げざるにも使えますし、
野菜の洗いかご、水切りざるとしてもお使いになれます。
また、じゃがいも、玉ねぎやにんじんなどの食材保管や収納としても
お使いいただけます。


※仙台市よりも50キロほど北部に位置する大崎市岩出山地区では、
 江戸時代のころから武家の内職でかごやざる作りが始まったと言われています。
 その地域に自生していた篠竹を業務用や暮らしの用途に合わせて作っていました。
 最盛期は80種類以上の種類のかごやざるが作られていましたが、
 時代の流れとともに種類も生産量も減少しており、現在では貴重な品になっています。


サイズ/重量
約直径30x高さ18cm/200g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 4,800円(税込5,184円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
上へ