竹かごや 市川商店

富山県淡竹 手つき楕円ざる 大 

富山県では元々、産地で「そうけ」と言われるざるを、作る一大産地でした。
「そうけ」は元々米揚げざるとして使われており、お米や穀物を洗い、水を切るための道具でした。

片口が開いているタイプを主に作られるその産地の方々に
お願いをして、両方の口を開けてもらい、細長い楕円型のざるを作っていただきました。

昔からこのタイプのざるはほかの産地でも「両口小判ざる」などと言われている形です。
サイズは大・中・小の3サイズです。
こちらはその中でも一番大きい大サイズです。


当てた縁を止めるのには籐(とう)を使用しています。
内部に一部針金を使用していますが、10年はさびないと言います。


茹でた麺をザッとあげて、水洗いし、そのまま卓上へ。
そんな台所から、テーブルまでをこの一枚が担ってくれます。
両方の口に竹が通してありますから、両手で持ち上げて水を切ったりすることもできます。
麺類を茹でた熱湯をかけても、金属のように熱くなりすぎないのが竹の長所でもあります。

また、その両方の手がついていることで、
使用後、ざるをたわし等で水洗いし、水を切った後、
ひっかけて乾かすことができるのもうれしいところです。


そうめんにそばにうどん等の麺類はもちろんのこと、おにぎりや枝豆、
鍋料理の際の具材や焼肉などする時のサンチュや大葉などの葉物の盛り付けにもぴったりです。
細長いこのタイプのざるは丸いざると違い、テーブルの幅をたくさん使わずに済みます。

キッチンペーパーなどを敷いて、唐揚げや天ぷらの盛り皿としても良さそうです。
敷き葉や大葉を下に敷いて、お刺身などを盛りつけても映えそうですね。
油物がついた時には中性洗剤を少量使って、水洗いしても大丈夫です。

また、台所、テーブルまわり以外では
ガラスの容器など入れて、お花入れとしてもきれいですね。

多種多様な使い方ができそうな
青い淡竹で作ったかっちりとした楕円形のざるです。


※富山県の竹細工
富山県では現在、国の重要無形民俗文化財として、
論田・熊無地区の藤箕や高岡市の菅笠製作など、
手仕事の技術が認められています。

同じ富山県に昔から青竹細工をする方々がいらっしゃり、
今も日本海側の稲作文化を支えてきたざるを作っておられます。

サイズ/重量
約33x24x高さ5cm/170g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 3,000円(税込3,240円)

こちらも合わせてご覧になっている方が多いです

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
上へ