竹かごや 市川商店

岡山県い草 ブックトート

現在、いぐさを縒(よ)った「い縄」を使って、かごを作っているのは、
岡山県倉敷市にある一軒のみとなってしまいました。

そんな時代の中で、おばあ様からその一軒を継いだ方は、
若くからこの仕事に携わっています。
自由な感性で既存の製法や仕上げにこだわりすぎず、
性別を問わず、どの世代にも楽しんでもらえるような工夫をしています。

「い縄」を使った手提げ「いかご」は、
元々「闇かご(闇市に行くときのかご)」と呼ばれており、
昭和20年〜40年頃にかけて、ごく普通に買い物かごとして使用されていたそうです。

そのいかごの作りをそのままに、ぐっと縦に伸ばしたタイプで、ブックトートと呼ばれています。


かご部分の作り方は「い縄(=いぐさの縄)」を専用の織り機に1本づつ掛けていき、
生地状に織っていきます。
それをサイズに合わせて切り、そこから手編みで仕上げています。


かご全体は織機で編まれたその生地状のものから作られています。


編み目は、織機を使っているため、草をよったものを編んでいるとは思えないほど、
端正な仕上がりになります。よこ糸は全て2本ずつにしてより丈夫な作りにしています。


縁部分は手作業で、一つ一つ力を入れて、縛っていきます。
1回だけではなく、さらに縛りを重ねる2段階で縛り留めているので、安心です。


側面は1枚の生地状のものを半分に畳んで、
合わせ目に一目一目い縄を通して、結んでいる重要な場所です。


持ち手とかごの接続部分は4本ほどの「い縄」でぎっちりと縛り留められています。


草のような柔らかい素材はこの「縛る」という動作ができるのが、良い点です。


「丸手」と呼ばれる、「い縄」を芯材にして、
それに「い縄」をぐるぐると巻いていく持ち手になっています。


底づくりはよこ糸を3本ずつで丈夫にしています。


内側の底を見てみると、かごのマチ(=奥行)を作るときにできる三角形の痕跡があります。
マチの幅が大きければ大きいほど、三角形は大きくなります。


このブックトートは、かご部分の高さが33cmほどと、深く作ってあります。
A4サイズを縦に入れられることが考えられています。
柔らかい素材の為、入れたものに応じて膨らむのも使い勝手が良いです。


珍しい縦長タイプは横長タイプとはまた違い、スタイリッシュさを醸してくれます。


おでかけはもちろん、仕事用のバッグとしてもよさそうです。
何年も使用するにつれ、い草の緑色は、味わい深い茶色へと経年変化していきます。
そんな移り変わりも一緒にお楽しみくださいませ。



サイズ/重量
約28x14x高さ33cm(取っ手付高さ43cm)/430g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 10,000円(税込11,000円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ