竹かごや 市川商店

東京都 江戸風鈴 7種

音のなり方で吉凶を占う
「占風鐸(せんふうたく)」という道具が起源とされる風鈴。

中国から仏教とともに伝来し、お寺の四隅にかけられ、
その音が届くところには災いが起こらない厄除けの道具の一つでした。

元々は銅などで作られていたものが、
ガラス製になったのは1700年頃(江戸時代享保年間)と言われています。

当時はガラス生成の歴史も浅く、高価なものとされていましたが、
多くの人々の努力により、安くガラスが作れるようになり、
明治20年代(西暦1880年頃)から、ガラス製の江戸風鈴も全盛期を迎えます。

こちらは江戸風鈴の中でも「小丸」や「特選小丸」シリーズと言われ、
ガラスで作られたかわいらしい丸い形と
一つ一つ筆で描かれる素朴な絵柄が目をひきます。
この絵柄は全て、風鈴の内側に描かれています。


音としてはガラスとガラスが当たる比較的高い音「カラン、カラン、キン、キン」という
さっぱりと短く、それでいて気持ちのよい涼しい音が特徴です。
鳴り口をギザギザにすることで、音が鳴りやすくなっています。


昔から夏の暑さを耳から涼しくしてくれ、
絵柄で目も楽しませてくれる江戸の大切な風物詩です。

最近では、騒音などを気にする方もいらっしゃいますが、
・風の強い日は外に出さない
・朝晩は外に出さない
・室内に飾る
など工夫次第で楽しみ方は様々です。

四季が楽しめる日本で、
それぞれの季節の風物詩を楽しむのもいいですね。

通常タイプの「小丸」と
絵柄がより凝っている「特選小丸」の2種類があります。
音色や大きさに区別ははありませんので、お好きな絵柄でお選びください。

1.小丸 花火(1,700円)


2.小丸 うさぎ(1,700円)


3.小丸 ひまわり(1,700円)


4.特選小丸 五匹金魚(2,300円)


5.特選小丸 千鳥(2,300円)


6.特選小丸 蛍(2,300円)


7.特選小丸 三色あじさい(2,300円)



サイズ/重量
直径約8cmx7cm/40g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。
お届けするときには紙箱に入れてお届けします。

お取り扱いについて
・音をよくするための工夫として、鳴り口がギザギザになっています。
 お取り扱いの際はご注意ください。
・手作りのため、大きさや絵柄、音が一つずつ微妙に異なります。
・製法上、ガラス部分に気泡やしわが入ることがあります。
・全ての風鈴に短冊がつきます。

販売価格 1,700円(税込1,870円)〜2,300円(税込2,530円)
絵柄

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
上へ