竹かごや 市川商店

富山県淡竹 片口丸そうけ(水切りざる) 中 直径30cm

富山県では現在、国の重要無形民俗文化財として、
論田・熊無地区の藤箕や高岡市の菅笠製作など、
手仕事の技術が認められています。

同じ富山県に昔から青竹細工をする方々がいらっしゃり、
今も日本海側の稲作文化を支えてきたざるを作っておられます。

産地で「そうけ」と言われるこれらのざるは、
元々は米揚げざるとして使われており、お米や穀物を洗い、水を切るための道具です。

片口が開いているタイプはいくつものサイズあります。
片口タイプは通常、口に向かってざるの形が絞られていくタイプが多いのですが、
こちらはまん丸の「丸そうけ」に口をつけたタイプです。

サイズも丸そうけ同様、ご家庭用のサイズです。
こちらの直径が30cm(写真右)のもの24cmのものがございます。
お米でしたら、3合程度が入ります。


この中で洗ったりするとなると少し手狭かもしれませんが、
容量としてはそのくらいの量の水切りができます。

昨今はこういったシンプルな少し深めで丸いざるは
海外で作られた物がほとんどですが、丈夫さがやはり違います。

この片口タイプはざるで洗い・水切りをした後、移す時に便利であったり、
または、使い終わり、洗った後に、乾かす時に引っ掛けやすいなどの実用性はもちろんのこと、
デザインとしてもシンプルな中のアクセントになっています。


均等な幅のヒゴが整然、且つ力強く編まれています。


編みこんである部分は淡竹(はちく)できっちりと。
縁の当ててある部分は真竹を使っています。


当縁を止めるのには針金を使用していますが、
10年はさびないと言います。


すっきりとしたこの作りは飽きの来ないタイプで、毎日使いにぴったりです。
台所まわりでお米や穀物、野菜の水切りはもちろん、麺類の水切りも問題なさそうです。



サイズ/重量
約29.5x28.5x高さ6cm/190g 

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 2,500円(税込2,700円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ