竹かごや 市川商店

千葉県真竹 米揚げざる(一斗)

もち米やお米を大量に洗い、水を切る道具の米揚げざるの一斗五升サイズです。
業務用サイズです。他の穀物を洗ってももちろんよいです。
昨今は竹の大きなざるを作れる人がほとんどいなくなっています。

しかし、竹の軽さや水切れの良さ、使い勝手の良さは変わらないものがあります。
お米を洗った後、しばらく水を含ませる大切な工程を重んじる、
プロの方々に最適な道具です。

洗った後、適度に水を吸わせ、また、無駄な水を切ることで、
美味しいお米が炊けるのだそうです。

業務用としての使用はもちろん、地域のお祭りやイベントでぜひお使いください。
底には十字に力竹が入っており、がっちりとした作りです。


底はあじろ編みで組まれていて、
規則的な編み目できっちりと編み上げられています。


縁は竹を横向きにぐるぐる巻いた後に、薄く剥いだ竹を巻きつけていきます。
さらに丈夫さを増すため、反対側から籐で巻き返しています。
ざるやかごは力が加わる縁から壊れやすいため、このように縁を丁寧に仕上げています。


業務用サイズとして一回り大きい二斗サイズと一回り小さい一斗サイズもございます。


************
千葉県は房総半島、関東地方とはいえ、
海に囲まれたこの半島には未だ豊かな自然がたくさんあります。

その房総半島の中心エリアでは竹もよく生えており、筍などでも親しまれています。
春から夏にかけては筍を売り、秋には竹材を売り、
冬には箒やかごやざる作りをすることで、竹林を無駄なく使っていました。
そういったことからかつては「竹山を持っている人はお金持ち」とも言われていたそうです。

その房総半島の真ん中で昔から欠かせなかった
竹細工を次世代へつないでいこうと作り続ける方々がいらっしゃいます。
その竹細工は房州うちわに使われる女竹(めだけ)とは違い、
主に真竹を使用します。
************

サイズ/重量
約直径39x高さ24cm/700g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 16,000円(税込17,280円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ