竹かごや 市川商店

大分県真竹 手つきテーブルバスケット ロング 大

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた小ぶりなかごです。
かご自体は竹とつづらふじで仕上げていて、テーブルバスケットと名付けられています。
定番のテーブルバスケットシリーズの中では最も大きいサイズになります。


このかごはサイズのバランスに驚かされます。
通常、長年続いてきたかごというのは、サイズの黄金比を持っていて、
横幅、奥行、高さの均整がとれたものや、
私たちが使うのに見慣れた(なじんだ)サイズ感におさまることが多いです。

しかし、この籠は横幅の長さを極端に伸ばしたり、籠の高さをぐっと浅くしたりすることで、
私たちの目や記憶に慣れていない、新しい籠のサイズバランスを表現しています。

シンプルに規則的な編み目ながらも、艶のある底編みが目を楽しませてくれます。



籠の内寸は46x24x高さ7cmほどです。
この細長くもしっかり使える奥行の幅を持たせているところが、
ただ飾るためではなく、使うためのものだということを教えてくれます。


縁も磨いた竹につづらふじ縛りでかっちりと決まっています。


硬い竹を熱を使い、緩やかに、しかし確実に90度曲げ、四角形を作っています。


持ち手とかご本体をつなげているのは「竹釘(たけくぎ)」と「つづらふじ」の蔓です。
大きさのあるかごの時は、しっかりとX字を描き、留めています。


内側はすっきりとした仕上げになっています。


持ち手自体は、2.5cm程の幅の広い竹を2枚両サイドに渡しています。
中心部分でつづらふじを使い、まとめています。


底づくりも全く心配ありません。
しっかりと6本の力竹(ちからだけ)が力強く底を支えています。


地面に触れる力竹はみがいた竹ではなく、固い表皮がついたままの竹を使用しています。
竹は皮と肉部分は異素材と呼ばれるほど、固さが変わります。
また、ぶつけやすい四隅部分もカバーしています。


「みがき」の技術の素晴らしいところは、竹が輝くことはさることながら、磨いたことにより、
表面にムラがなくなる為、経年変化する際にきれいに飴色に変わっていくことです。

パンや果物をたくさん召し上がるご家庭においては、絶好の置き場になると思います。
お料理やお茶セットなどが、この籠に乗せられて運ばれてきたらと思うと、ワクワクします。
そして、そのシーンはこの頑丈な底作りから屋内、屋外を問いません。

桐山さんの籠をたくさん見ていると、このサイズも普通に受け入れてしまいますが、
やはり珍しいサイズです。そのなかなか見ないサイズが完成度高く仕上げられています。
和・洋室問わず、お部屋の雰囲気にも高さの低い、落ち着いた佇まいを見せてくれます。
サイズが比較的大きめの籠ですので、よくご確認くださいませ。


<桐山浩実さんの籠づくり>
竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、大分県で籠を作り続けています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。


サイズ/重量
約53x28x高さ8cm(持ち手付き高さ21cm)/780g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 40,000円(税込44,000円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
上へ