竹かごや 市川商店

香川県白竹 八つ目果物かご

四国に限らず、日本全国でも一番面積が小さい県である香川県。
北の瀬戸内海から讃岐平野を経て、南の讃岐山脈へと
面積が小さいことを感じさせない豊かな環境がそこにあります。

その環境のなかで竹細工や箕作りも、他県同様行われていました。
現在、香川県で生業としての竹細工に関わる方はほとんどいなくなっていましたが、
また新たに竹の世界へ飛び込み、熱心に腕を磨き続けている方もいます。

こちらは白竹で作られた果物かごです。
盛りかごとも呼ばれ、果物やお菓子等を文字通り、盛っておくかごです。


青い真竹を、煮たり、天日干しすることで、油分や水分を抜くと、
色も黄色く変化します。これを青い竹に対して、白竹と呼んでいます。

こうすることで、色味が整い、虫の被害が減り、材料の竹がしまります。
その白竹を使い、八角形を作る八つ目編みという編み方で、全体を編み上げています。


縁巻きは白竹をぐるぐると巻き、それを籐(とう)で、縛って留めています。


底から口にかけて、少し開いた形になっています。
それによって、盛れる量が少し増え、盛った時の見た目のバランスがよくなります。


底には6本もの力竹(ちからだけ)が刺してありますから、
たっぷりと盛れそうです。底の内寸は20cmx20cmほどです。


りんごやみかんなど季節の果物を盛っておいたり、
ティータイムのお供を入れておくかごとして、よさそうです。


四角いかごは探してみると案外少ないものです。
デッドスペースなく、物を入れて納められると気持ちがいいですよね。
特に四角い盛りかごは珍しいです。
かっちりと仕上がったこちらのかご、ぜひ使ってみてください。



サイズ/重量
口部分約28x28cm
底部分約24x24cm
高さ約8cm/170g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 12,000円(税込13,200円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-17:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
上へ