竹かごや 市川商店

香川県真竹 讃岐箕(さぬきみ)八升箕

四国に限らず、日本全国でも一番面積が小さい県の香川県。
北の瀬戸内海から讃岐平野を経て、南の讃岐山脈へと
面積が小さいことを感じさせない豊かな環境がそこにあります。

その環境のなかで竹細工や箕作りも、他県同様行われていました。
しかし、現在、香川県で生業としての竹細工に関わる方はほとんどいなくなっています。

こちらはその香川県において、
昔から箕作りだけで生計を立ててきたご夫妻が作る箕、「讃岐箕」です。

恵まれた環境のもと、材として使う竹やツヅラフジも豊富にありますが、
残念ながら、地元で竹を切ってくれる方や、ツヅラフジを取ってくれる方がいなくなってしまい、
竹は愛媛県の大洲エリアのもの、縁を縛るのに使うツヅラフジはビニールひもで代用しています。

讃岐箕のサイズは全部で7種類です。
大箕、中箕、一斗箕、八升箕、五升箕、三升箕、二升箕です。


お米の選別や運搬等、実用的に使うほかに、富山県の飾り箕と同様、
商売繁盛をえびす様に願う十日戎(とおかえびす)において、
七福神のお面を飾るなどした「福箕」として、今でも使われています。

その中でもこちらは農家の実用で一番よく使われていた、
一斗サイズの一つ下のサイズの八升箕です。
西日本全体で多いタイプですが、竹だけを使って、あじろ編みで編み上げています。


箕の先端部分(箕先)にいたるまで、すべて竹です。
竹の内側の肉部分を使い、きつい角度を見事に一列そろえて織り込んでいます。


縁も真竹を当てて、ビニール紐でぎっちりと縛っています。
本来はツヅラフジで縛っていました。
また、一斗サイズ以下は縁のすべての部分に稲わらも当てられています。


背中も美しい編み目が続きます。


外側を見てみると、一斗サイズ以上の箕には入っていた太い竹が
この八升サイズからは無くなっています。
実用で使うものと、縁起物の飾りで使うもの境界線を感じます。


もともと一斗サイズの用途はお米の選別や運搬で使われることが多かったようです。
お米がこぼれるすき間が全くないきっちりと詰まった編み目です。
お米ではない豆などの穀物の運搬にも使われていたことと思います。

一斗サイズ以下のサイズは箕づくりをするどの産地にも存在します。
おおよその使いかたはお米ほどではないが、
ちょっとした穀物の選別や運搬で使っていたということが多いです。


また、商品の陳列用の什器と考えるとちょうどいいサイズです。
野菜や菓子類などをたっぷりと盛ったら、きっとお客様の目を惹くこと間違いありません。


※ツヅラフジの蔓をご提供できる方の情報がありましたら、
 ぜひ、ご連絡をお待ちしております。


サイズ/重量
約55x48x高さ16cm/600g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 7,500円(税込8,100円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ