竹かごや 市川商店

チェコ がま 透かし編みバッグ 小

広いヨーロッパのおおよそ中央に位置するチェコ共和国からのかごです。
人口は1千万人ほどで、国土面積は日本の約5分の1ほどです。
北にポーランド、東にスロバキア、南にオーストリア、西にドイツと接しています。

1993年のチェコ・スロバキア解体から30年近くになります。
チェコの主な産業は自動車関連の機械類や、化学製品の輸出となっています。

そんな工業国に残るかご文化の材料は、日本にも自生している「がま」です。
日本ですと岡山県の蒜山で同様にがま細工をしています。

確認できている限り、中欧、東欧エリアである
ポーランド、チェコ、ハンガリー、クロアチア、ルーマニアあたりでは、
このがまを使ったかご細工が見られます。

こちらはチェコに自生するそのがまを使って作られた、
透かし編みが美しい小ぶりなバッグです。


水辺に生えるがまはソーセージのような穂をつけますが、
その茎が肉厚で、何層にもなっているその茎の外側を剥いで、
中心にあたる部分をかごに使います。

乾燥させたのちに、適切な長さに切り、木型に編みつけていきます。
手提げに限らず、すべてのかごに木の型があり、それに編みつけていきます。

日本の岡山県のがま細工は駒のような道具を使って、規則的に編んでいくため、
単一的な編み方しかしませんが、チェコのがま細工は、木型は使うものの、
編みつけ方は手で自由に操作できるため、いろいろな編み模様が楽しめます。

木型を使うため、かご自体はきっちりとした形になります。


底は縦横で規則的に細かくきっちりと編んでいます。


持ち手も編みこまれた「がま」だけで作られています。


かごと持ち手の接続部分もこの通りです。
柔らかい素材のため、しっかりと縛り上げることができます。


草を使った細工では、このようにシンプルに固結びで留めることも多いです。


縁づくりもかごの雰囲気に合わせてさっぱりとしています。


このバッグは3段の透かし編みが特徴的です。


透かし編みのかごは文字通り、透明感があり、見た目にも軽やかです。
日差しがあるときにはそのシルエットもまた楽しいです。


このかごの女性の作り手、イベタさんはチェコでも本が出されるほどの名手。
彼女の手から生み出されるかごにはお人柄同様、どこか気品が感じられます。
がまのかごとレースの組み合わせは、他にないかわいらしさが表現されています。

光沢のあるがまで編まれたかごバッグは、
とにかく軽く、手や衣服へのあたりの良さから、
気負わずに使えるのが特徴です。

今のところ、彼女が作る最小サイズのバッグです。
最小限の荷物を入れて、ちょっとしたおでかけをするのによさそうです。
または、軽くて柔らかいので、お子さん専用のかごバッグにしてみても楽しそうです。



サイズ/重量/価格(税別)
24x12x高さ16(取っ手付き高さ29cm)/80g

※自生している自然素材「がま」を使っているため、
 ところどころ、表面部分が剥離して、中の繊維のような部分が見えることがありますが、
 がまという素材の特性上、不良品ではございません。
 予めご了承いただけると幸いです。

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 8,500円(税込9,350円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週金曜、土曜日 店舗営業時間:11:00-17:00

火、水、木曜は店舗はお休みですが、 電話やメール対応いたします。

また、卸先のお客様も火、水、木に お越しいただきますようお願いいたします。
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
上へ