竹かごや 市川商店

高知県炭竹 カトラリー掛け

四国は土佐の国、高知県は海のイメージが強いですが、
山地率89%と言われているように、山がとても多い場所です。
海から上がれば、すぐに山が目の前にせり出していたり、
高知市内から車で30分も離れると、あっという間に急な坂道になり、
人気のない山中がそこにあります。

そんな高知県内で繁殖力が強すぎて、地域によっては、
森の邪魔者とまで言われている、余りある孟宗竹。
その孟宗竹を材料にし、高圧釜や炭づくりで使う炭窯に入れるという
類のない工程を経て、カトラリーにする方がいます。

その工程にデザインが加えられたそのカトラリーは、
一度見たら忘れられないほどの印象を私たちに届けてくれます。
私たちはその炭窯に入れる工程を経た孟宗竹に、
「炭竹(すみたけ)」という愛称をつけて呼んでいます。

こちらはその炭竹で作られた、カトラリー掛けです。
「え、これはなに?」と思わず聞きたくなる実におもしろい形をしています。


正しい向きはこうなります。


途中で接(つ)ぐことなく、まっすぐな竹からできています。
ぐっと熱で曲げたり、削って細くした歯の部分は逆に反らせたりしています。


この4つの歯部分にカトラリーや小物をかけることができます。


この竹を逆に反らせている形が実に美しいです。


壁や柱に取り付ける仕様になっています。


色味の合わせたビスを2本使います。同封します。


そのビスをあらかじめ開けられたこちらの穴に入れ、壁や柱などに固定します。


かつて、竹でこんな形をした道具があったでしょうか。
いいえ、なかったことは言うまでもありません。
もちろん他の材でこのようなものはあったかもしれませんが、
竹という素材では唯一無二という言葉がぴったりです。


毎日使う道具、またそれら道具を保管する道具にも
気が遣われていること、きっとそれはとても豊かなことだろうと思います。
ぜひ、お好きなところに固定して、お楽しみくださいませ。


<下本一歩さんの竹カトラリー>
金属を使わずに土と石で築き上げる炭窯作り体験に参加して衝撃を受けて以来、
自身で炭窯を作り、カシやナラをメインの材料に炭焼きをされていました。

その炭焼きの工程で出る大量の煙に、
自身で削った竹カトラリーを吊るしていたのがきっかけで、
燻した竹のカトラリー作りを本格的に始められました。

物作りを続けられている理由は
「竹が山を荒らしていて、人にも環境にも問題があるという状況、
その素材を使ってものを作るということが嬉しい自分、
作ったものを喜んで使ってくれる人、
このバランスがとれていることが気持ちよくて、続けられている」とのこと。

そう語る下本さんの作るカトラリーは独特の色味からくるコクのある風合いと
竹だからこそできるその形が特徴です。
そのカトラリーの数々は、シャープなデザインでありながら、
触れると手になじんで、その使い良さに思わずニンマリしてしまいます。


サイズ/重量
約13x5x高さ2cm/20g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 12,000円(税込13,200円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は実店舗はお休みですが、 お電話やメールでの対応いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
上へ