竹かごや 市川商店

大分県孟宗竹 炒めへら

大分県には日本で今やほとんどなくなってしまった
竹職人を育成する機関「竹工芸・訓練支援センター」があります。
別府市が竹細工では昔から有名で、数多くの職人がこの地から、
竹の世界へ飛び込んでいます。

今やこの訓練支援センターで勉強される方は多岐にわたり、
元々は竹細工ではなく別の仕事に従事されていた方もいらっしゃいます。

こちらは元々、木工の仕事をされていて、
現在は竹細工と木工のご経験を生かしたものづくりをされている
中村さとみさんが孟宗竹で作った「炒めへら」です。


中村さんの作る炒めへらは太めでしっかりとした作りです。
握る部分も1cmほどとかなり肉厚に材をとっています。
というよりも、竹の厚みそのままをできるだけ残すような作りにしています。


とはいえ、幅はしっかり真ん中に向けてくびれをつけているので、
握った時の手馴染みは問題ありません。
孟宗竹を茹でて、天日干しするなど油抜き作業することで、
色を抜いたいわゆる「白竹」の状態にしてから作っています。


へら部分も美しく、アイスクリームスプーンやしゃもじなどと同様に、
中村さんのいつも滑らかさに仕上げられています。


掬う部分を横から見たところです。
先端こそ少し薄くしていますが、
できる限り竹のそのままの厚みを保っているのがわかります。


こちらは裏返したところです。


通常、竹でへらやしゃもじを作る場合はこちらの表皮の方も削って、薄くすることも多いです。
しかし、このしゃもじは先端まで表皮がついています。
「あえて」つけているという方が正しいかもしれません。

竹の表皮はとても硬く、竹の内側と外側は全くの別の素材ともいわれるほどです。
その硬い表皮を残すことは、丈夫になるとも言えます。

そして、何よりこのへらは竹を削りすぎていません。
竹の表皮の斑点や模様や、竹の曲がり具合、その竹の元々の厚み、
そんな自然にあった面影を残していくれています。

人の使いやすい形に竹を好きなように削るというよりは、
「竹という植物の特性を最大限に生かし、
なおかつ、人も使いやすいにした実用のへら」という感じです。

握るほうの先端には、吊るして置けるよう皮ひもがつけられています。


鉄のフライパンやもちろんのこと、テフロン加工の鍋肌も傷つけにくく、
当たりの柔らかい竹のへら。
先端のカーブもフライパンの端に残る食材も取りやすい形です。
炒め物をするときには必須の道具です。

実用でありながら、そのユニークな形は愛らしく見えます。
炒めへらが吊るしている時にもかわいいって、なんだか良いですよね。



サイズ/重量
全長約30cm
へら部:横幅5.5cmx縦9cm
持ち手部:幅2.5cmx厚み1cm程/70g

表皮の斑点やまだら模様などは竹に自然に発生するもので、
それぞれの竹で表皮の色味、模様などは異なります。予めご了承くださいませ。

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

配送方法について
こちらの商品は、レターパックプラスやレターパックライトでのお届けが可能です。
ただし、たくさんの数量をご注文なさったり、他の商品を一緒にご注文いただいた場合、
通常梱包に変更させていただく場合があります。予めご了承くださいませ。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 3,000円(税込3,300円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
上へ