竹かごや 市川商店

大分県 竹のはさみ

大分県には日本で今やほとんどなくなってしまった
竹職人を育成する機関「竹工芸・訓練支援センター」があります。
別府市が竹細工では昔から有名で、数多くの職人がこの地から、
竹の世界へ飛び込んでいます。

今やこの訓練支援センターで勉強される方は多岐にわたり、
元々は竹細工ではなく別の仕事に従事されていた方もいらっしゃいます。

こちらは元々、木工の仕事をされていて、
現在は竹細工と木工のご経験を生かしたものづくりをされている
中村さとみさんが作った竹のはさみです。孟宗竹を使用しています。


竹ではさみを作るという発想がまず、驚きです。
そんなこと、まず考えないですよね。
しかし、中村さとみさんの技術にかかると、
その発想が現実のものになってしまうから、さらに驚きます。

持ち手部分です。孟宗竹を薄く削り、きれいに曲げています。


持ち手部分は表皮がついたままです。「皮つき」と呼んだりします。
この持ち手は自動的に刃が開くように、曲がり具合が調整されています。


こちらは刃部分です。持ち手の両方につけられた竹の刃が
滑らかにこすれ合います。


こすれ合う部分はシャープに削り出されています。
しかし、金属の刃物のように触ったからと言って、
指を切るほどではないところが安心です。


実際に切れるのは、コピー用紙ほどの硬さの紙1-2枚ほどです。
柔らかい紙よりは薄くて少し硬めの紙が向いているようです。
そして、慣れればザクザク切れますが、ちょっと慣れるまでにはコツが要るかもしれません。


使用しないときは、革のカバーがついていますので、そちらをかぶせておきます。


カバーを外すと、竹のしなりで自動的に刃が開くようになっています。
それも竹ならではです。


木工のご経験から竹の道へと進み、
竹という素材を見つめなおし、竹だからできることにチャレンジなさっています。

この竹のはさみは中村さとみさんの思考と技術と竹という素材が
三位一体となった実におもしろい作品です。
ぜひ、竹のはさみ、使ってみてくださいませ。


以下、中村さとみさんからの、竹のはさみについてのメッセージです。
「⽵の特性である硬さとしなやかさを活かしたはさみです。
布やナイロン、指などいろいろなものは切れません。
紙を切るはさみとして使ってください。

普段使いの合い間は付属の⽪サックに閉じてお仕舞いします。
⻑い間使わない時には刃の重なりを解いておくと、刃先の負担がなく、
閉じ癖がつきません。
(開封時はこの状態です。刃の重なりを戻してご使⽤ください。)

繰り返し使うと切れなくなります。
刃先を削って切れるようにできるので連絡してください。
⼤きなキズがなければ、2 回程度は削り出せます。
⽵で紙を切る感覚をどうぞお愉しみください。」


サイズ/重量
全長約14cm、持ち手幅約5cm、刃渡り約7cm/20g

表皮の斑点やまだら模様などは竹に自然に発生するもので、
それぞれの竹で表皮の色味、模様などは異なります。予めご了承くださいませ。

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

配送方法について
こちらの商品は、レターパックプラスやレターパックライトでのお届けが可能です。
ただし、たくさんの数量をご注文なさったり、他の商品を一緒にご注文いただいた場合、
通常梱包に変更させていただく場合があります。予めご了承くださいませ。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 7,000円(税込7,700円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
上へ